山本健太郎(文房具図鑑)のおすすめは?中学校やプロフィールについても!

小学6年生が作った「すごい文房具図鑑」は書籍になってもすごかった 文具メーカー36社のコメント入り、修正テープ跡もあえてクッキリ_-_ねとらぼ

残暑厳しい日が続きますが、8月もまもなく終わりです!

8月の終わりくらいになると、学生の頃の夏休みを思い出したりしませんか??

 

夏休みの宿題をまとめてやっていたことや、友達の宿題を写してたこと、学校が始まることが嬉しいような悲しいような複雑な気持ちだったこと・・・。

 

 

先日学生時代の友人と食事をした時も、夏休みの話になりました!

 

そこで話題になったのが、夏休みの宿題で「文房具図鑑」を作った小学生(山田健太郎君)のことです。

・文房具図鑑が発売された時は小学生だったけど、今は中学生!絶対に頭良いし、有名な私立中学に通ってそう!

・中学校ではどんな文房具を使っているのか?おすすめの文房具を教えてほしい?

などなど、盛り上がりました☆

 

 

文房具図鑑とは

小学6年生が作った「すごい文房具図鑑」は書籍になってもすごかった 文具メーカー36社のコメント入り、修正テープ跡もあえてクッキリ_-_ねとらぼ

山田健太郎君が夏休みの宿題で書いたものが、文房具ライター・きだてたくさんの目にとまり、テレビ等で取り上げられて話題になり書籍化された図鑑です。

 

絵も文字も決してキレイというわけではないですが、なんと言うか、自由で味のある感じがして私はすごく好きなんですよね〜。

小学校6年生が作った図鑑なんですけど、細かいことまで的確に書かれていいて、「これって小学生が書いたの??」と驚いてしまいます。

健太郎君、本当に天才♡

定番商品から新商品まで、誰に気兼ねすることもなく書かれているので、そこも魅力的です!!

 

健太郎君おすすめの文房具は?

①芯が折れないシャープペン

シャープペンといえば、学校でノートを書くときには欠かせないアイテムですよね。

シャープペンの芯が折れて困ったことはないですが、芯が折れることはシャープペンの唯一の弱点のような気もします。

その弱点を克服した最強のシャープペンです!!!

 

・ゼブラの「デルガード」

特徴:どんな角度から強い筆圧をかけても芯を守る内部構造

 

・ぺんてるのオレンズ」

特徴:ペン先から芯がでない構造

 

・プラチナム万年筆の「オ・レーヌ シールド」

特徴:衝撃が加わっても芯を折れさせない耐芯構造、0.5mmまで芯が使える!

 

②完全無欠のボールペン

・三菱鉛筆の「ジェットストリーム」

文房具図鑑でも詳しく書かれていたので嬉しく思いました。

私も愛用しているんですが、とにかく書き味というのでしょうか?書き心地がなめらかで、書いているときの滑り具合が抜群です。

スラスラと文字を書くことができ、字が上手くなったような錯覚さえ起こします!

 

山田健太郎君のプロフィールは?

小学生が作った“文房具図鑑”いろは出版での制作秘話を公開☆スッキリ__ビビットでも紹介され話題に

名前:山田健太郎

年齢:中学1年生なので12歳か13歳

好きな物:文房具

 

どんな中学校に通っているの?

小学校6年生であれだけの文房具図鑑を書いたのだから、優秀であることは間違いありません!

超有名進学校とかに通っているのかなと思って調べたんですが、まだ中学生ということもあって、その辺は公にはされていないようです。

 

個人的には、公立の中学校に通って個性的で自由な学校生活を送っているのではないかと予想しています!

そのうち有名になってメディアに出てくるでしょうから、それまではそっとしておいてあげましょう☆

 

まとめ

文房具好きな山田健太郎が書いた「文房具図鑑」

健太郎君をみて思うことは、好きなことを夢中でやって、それが「図鑑の出版」という大きな仕事に繋がったことが素敵だと思います。

自分が好きなこと、もっともっと突き詰めていくと、健太郎君のように世界が広がるかもしれません!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)