アドルフ・ヴェルフリ展(東京)の混雑状況やグッズは?感想まとめ!

かへ☆ヲ〜レ山_仮_さんのツイート___精神病院で創作したアドルフ・ヴェルフリの回顧展『二萬五千頁の王国』_https___t_co_Kj8X8nAhT4__CINRANETさんから_これ観に行かないとなー_

 

こんにちは、まちりです♪

 

 

数ヶ月前から体調が思わしくなかった我が家の愛犬ですが、最近めちゃくちゃ元気なんです!!!

 

 

3月に健康診断をしたときに肝臓の数値が高くて、それからずっと、薬を飲んでいました。

 

 

そのお陰なのか、それまで寝ている事が多かったんですが、最近は元気に歩き回っています。

 

 

健康診断って大切ですね!

 

 

きっと健康診断を受けずに以前のままだったら、状態が悪化し、寿命が短くなるなんてことも十分ありえたと思います。

 

 

命拾いしました♡

 

 

さて、4月29日から東京ステーションギャラリーで「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」展が開催されています。

 

 

ポスターを見ると、ポップな感じで可愛いなと思ったんですが、美術展はどんなかんじなのでしょうか?

スポンサーリンク

「アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国」展の日程やアクセスは?

 

会期

2017年4月29日(土)―6月18日(日)

 

休館日

月曜日
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館30分前まで

 

入館料

一般1,100円

高校・大学生 900円

中学生以下無料

 

会場

東京ステーションギャラリー

 

東京ステーションギャラリー_-_TOKYO_STATION_GALLERY_- 東京ステーションギャラリー_-_TOKYO_STATION_GALLERY_-

 

所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1

連絡先:03-3212-2485

スポンサーリンク

アドルフ・ヴェルフリってどんな人?

 

名前:アドルフ・ヴェルフリ(Adolf Wölfli)

生年月日:1864-1930

職業:スイス人画家、詩人、作曲家

 

 

アドルフ・ヴェルフリ氏は7人兄弟の末っ子として生まれました。

 

 

石切りを仕事としていた父のヴェルフリは、アルコール中毒で犯罪を繰り返す人ような人。

 

 

そのため、母は一家を支えるために洗濯付として働いていました。

 

 

母親が病に陥ると、ヴェルフリは、一家の故郷であるツェイヴィルに母親とともに戻ります。

 

 

そして、住まいと食事を確保するために、牧場で働きました。

 

 

ヴェルフリが8歳の時には、唯一の肉親である母親が他界してしまいます。

 

 

18才の時、ヴェルフリ裕福な農家の娘と恋に落ちるが、彼女の両親に猛反対され破談。

 

 

その後は女性との間で事件を起こし、幼児暴行で逮捕され、ついに、精神病院へ転院することになったんです。

 

 

病院でもヴェルフリの精神的な疾病はよくなりませんでしたが、絵を描く事に目覚め、熱中していくのです。

 

 

「アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国」展のグッズは?

 

「アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国」展の公式サイトを調べたところ、グッズに関しての情報はありませんでした。

 

 

Twitterやネットでも調べてみましたが、情報なし・・・。

 

 

「アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国」展のポスターがポップな感じで素敵だたので、グッズは期待していたんですが、グッズはないのでしょうか?

 

 

「アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国」展は、2017年1月の名古屋開催から始まって、神戸、東京と巡回しています。

 

 

調べてみると、兵庫の開催では、「アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国」展図録が販売されていたようです!

 

図録申し込み___「アドルフ・ヴェルフリ_二萬五千頁の王国_ファンタスティック・エキセントリック_アール・ブリュットの「王」が描いた夢物語」___兵庫県立美術館

 

こちら、価格¥2,700(税込) です。

 

 

兵庫開催で販売されていたので、東京開催でも販売されていると思われます。

 

 

この図録は人気があって、兵庫では完売していたとのこと。

 

 

この図録には、出品全作74点のカラー図版が掲載されています。

 

 

実寸大の部分拡大図も掲載されていて、見所の1つとなっているようです!

 

 

■目次

1章 初期のドローイング/楽譜(1904-1907)
2章 揺りかごから墓場まで(1908-1912)
3章 地理と代数の書(1912-1916)
4章 歌と舞曲の書(1917-1922)/歌と行進のアルバム(1924-1928)
5章 葬送行進曲(1928-1930)
6章 ブロートクンスト―日々の糧のための作品(1916-1930)

 

 

東京開催でも図録の販売はあるようですね!

 

 

「アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国」展の混雑は?

 

「アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国」展は評判や口コミがすごくいいんです!

 

 

なので、名古屋よりも神戸、そして東京の方が混雑すると思われます。

 

 

中でも、東京開催の最終週は激混みすると思われるので、避けた方が無難です。

 

 

5月中に行く方が混雑を避けられそう!

 

 

そして、金曜の夜は20時まで会館しています!!

 

 

これはありがたいこと♡

 

 

ありがたいことなんですが、金曜日が20時まで会館しているということを知らない人も結構いるんです!

 

 

なので、この時間は狙い目です♡

 

 

「アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国」展の口コミ・感想・評判は?

 

「アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国」展の評判はすごくいいです!

 

 

最近みた作品の中では群を抜いて気味が悪く、力強く、これはまたぜひ行きたいなとおもっています。

 

 

 

これは尋常じゃないな。普通に芸術の勉強してる人じゃ生み出せない芸術。

 

 

30歳のころに精神病院へ収容され、その後は生涯を精神病棟で過しています。

 

 

そのため、不気味・謎・怖いといった印象があるのでしょうか。

 

 

ポスターがすごくポップな雰囲気だと思ったんですが、やはりアドルフ.ヴェルフリ展が可愛かったという感想もありました。

 

 

不気味さと可愛らしさが融合して、素敵な感じになっていそうですね!

 

 

まとめ

 

「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国展」についてまとめてみました!

 

 

アドルフ・ヴェルフリの経歴や、美術展へ行った方の感想を見ると、とても興味深い美術展なのだと想像がつきます。

 

 

そして、行ってみたくなりますね。

 

 

5月中には行きたいと思っています!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)