アスクル火災はなぜ長引いてるのか理由や原因は?防火設備対策も!

 

こんにちは、まちりです♩

今日は最高気温が19度との予報で、とても過ごしやすそうなんですが、残念ながら仕事なんですね。

 

最近は暖かい日が多くなってきて、春の訪れを感じます!

 

寒いのは苦手なので早く暖かくなって欲しいです♡

 

さて、アスクルの倉庫の火災ですが、消化作業が難航しているようですね。

 

その理由が気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

火災の原因は?

 

アスクルの火災の原因はまだはっきりとわかっていないようです。

 

自然発火する商品は取り扱ってないと思うので、タバコの火の不始末や不審火なのでしょうか?

 

ニュース画像を見る限り、倉庫には窓も少ないように見えるので、ここまで火災が続くのは思いませんでした。

 

引火する商品はたくさん保管されていたようなので、次々と商品に引火して、火災が大きくなってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

火災が長引いてるのはなぜ?

 

アスクルの倉庫で火災が起こったのは2月16日なので、もう3日以上も火災が続いています。

 

ここまで長引いてる理由や原因は何でしょうか?

 

①爆発が起きたために火災が拡大

倉庫内には化粧品のスプレー缶などがたくさん保管されており、それに引火し、爆発が起きたそうです。

 

爆発によりさらに火の勢いが増し、焼失面積は東京ドームとほぼ同じくらいの面積だそうですね。

 

②建物倒壊のおそれ

爆発により煙の勢いや熱気が強く、火事の影響で倉庫の壁がゆがみ、建物が倒壊するおそれのある状態のようです。

 

また、倉庫内の温度は500度にも達し、消防隊員が近づく事すら出来ないとの報道もありました。

 

なので、建物の中に入ることができず、外からの放水しかできません。

 

火災の勢いが増すばかりで、なかなか鎮火できないんですね。

 

③燃え尽きるのを待つしかない

建物に窓がほとんどなく、放水が難しいので、燃え尽きるのをまで待つしかないという専門家の見解があるようです。

 

窓が少ない方が酸素が不足して燃えにくくなると思っていたので、驚きました。

 

今回の火災では内部で爆発も起きているので、窓が少ないことが火災が長引く原因となってしまっているんですね。

 

 

防火設備は整っていたの?

 

ここまで火災が長引くことになってしまい、倉庫内の防火設備はどうなっていたのか気になります。

 

以前にアスクルで働いていた方のコメントがあったので引用させていただきます。

 

以前アスクルで働いていた者です。

とにかく防火設備されてなかったです。

防火扉もなければ屋内消火栓もまるっきり見当たらない

それでもって「火気厳禁」の取り扱い商品がとにかくたくさん保管されている

※ガスボンベ、ヘアスプレー、油など山積み。

しかもカー用品(燃えやすいもの、燃やせば有害ガスを出すもの、オイル)を、はじめ

コピー用紙、ダンボール、ノートなどの文具類、プラスチック用品が多数揃えてました。

1番疑問に感じたのは防火扉やシャッターがない、消化器もわかりにくい、おまけに屋内消火栓が倉庫内にどこにも見当たらない。

○mazonでは防火対策が万全なのに対してアスクルはまるっきり防火対策はゼロでした。

 

これが本当だとしたら、防火設備はゼロというのは恐ろしいですね。

 

しかし、ここまで火災が長引いてることを考えると、この方のコメントは事実の可能性が限りなく高い気がします。

 

 

まとめ

 

倉庫の周辺に住んでいる方は非難された方もいらっしゃるようですね。

 

アスクル倉庫の火災は大規模な火災ですが、けが人がいなくてよかったですよね。

 

火災は早く鎮火して欲しいですが、建物内が高温だったり、倒壊する恐れがあるので、十分に注意して消化活動にあたって頂きたいです。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • スプリンクラーも無いのでしょうか?
    もしそうなら会社の責任・管理問題が問われそうですよね・・・。
    もう一度同じ所に倉庫を立て直すにしても、近隣住民から反対に遭いそうですし。
    ただ犠牲者がいないのは良かったですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)