CWニコルの結婚した妻や娘は?経歴や国籍は?いじめられた過去も調査!

C.W. Nicol - Headshot in Afan Woodland.jpg

 

こんにちは、まちりです♩

 

今日はとても寒い1日でしたね。

 

昼休みに外にちょっと外に出たんですが、天気予報通りにが降ってました・・・!

 

雪といってもみぞれのような感じでしたが、天気予報バッチリあっていたことにビックリでした★

 

さて、2月11日に放送されるNHKの「東北発☆未来塾」C.W.ニコルさんが出演されます。

 

C.W.ニコルさんといえば、風を見た少年 The Boy Who Saw The Windの原作者として知られていますが、他にも様々な活動をされているようです。

 

今回は、C.W.ニコルさんについて調べてみました。

スポンサーリンク

C.W.ニコルさんのwiki風プロフィール

 

C.W. Nicol - Headshot in Afan Woodland.jpg

 

名前

クライヴ・ウィリアム・ニコル

Clive William Nicol

 

生年月日

1940年7月17日

 

職業

小説家、ナチュラリスト

 

出身

ウェールズ(イギリス)

 

ニコルさんの活動は、環境保護活動執筆活動など多岐に渡ります。

 

旅行の経験をエッセイにまとめていることが多く、世界中を周って様々な経験をされているのが素敵です!

 

 

C.W.ニコルさんの結婚した妻や娘は?

 

ニコルさんはダンディーなイケメンですが、調べてみたところ離婚歴がありました。

 

①1度目結婚

 

ニコルさんは、1962年に空手を学ぶために来日しています。

 

日本大学で日本語を学んでいましたが、このとき日本人女性最初の結婚をします。

 

この奥さんとは残念ながら離婚してしまいますが、この結婚で子宝に恵まれ、3人の娘さんをもうけています!

 

長女はカナダ人男性と結婚し、カナダに在住しているようです。

 

②2度目の結婚

 

2度目に結婚したのが現在の奥様!

 

作曲家で日本画家のニコル麻莉子さんです。

 

お二人は1980年に結婚し、娘さん(ニコル・亜莉紗さん)が1人いらっしゃるんですが、先日覚せい剤の使用で逮捕されてしまいました。

 

しかも、現在妊娠中なんだそうです!!!

 

とてもショッキングな事件でした。

スポンサーリンク

C.W.ニコルさんの国籍は?

 

ニコルさんの国籍「日本」です。

 

ニコルさんは日本に留学したり、カナダで働いたりと世界中を駆け巡っています。

 

カナダで水産調査局や環境保護局での技官などを歴任した後にはカナダ国籍を取得していますが、その後来日し、現在の奥様、麻莉子さんと結婚します。

 

麻莉子さんと結婚したことで、日本国籍を取得しました。

 

 

C.W.ニコルさんの経歴は?

 

ニコルさんの経歴を調べて見ると、波瀾万丈でした。

 

小学生時代

 

ニコルさんは、小学生の頃は体が弱かったそうなんです。

 

そのため、同級生に苛烈ないじめを受け教師からは理不尽な体罰を繰り返して受けていたので、学校嫌いでした。

 

苛烈ないじめと聞くと、自殺が思い浮かんでしまいます。

 

ニコルさんは死のうとは思わなかったんですが、その代わりにいじめっ子を刺してしまったんです。

 

怪我は腹の右側をかする程度だったんですが、警察沙汰になり学校が移転するほどの大事件となってしまったそうです。

 

私も小学生の時にいじめられた事がありますが、精神的にとても辛いものですよね。

 

あれからかなりの年月が経ちますが、いじめた子の名前は今でもよく覚えています。

 

 

中学時代

 

ニコルさんは、グラマー・スクールに進学します。

 

なんとこの学校は、名門進学校だそうですよ!!

 

14歳の時に生物学教師であったピーター・ドライヴァーに出会い、さまざまな影響を受けています。

 

 

高校卒業後

 

セントポール教育大学に進学しますが、フィールドワーカーとなる夢を果すために中退し、極地調査のスタッフの道へと進みます。

 

 

カナダではカナダで水産調査局や環境保護局での技官などを歴任し、その後来日し、執筆活動や自然環境保護活動を行っています。

 

 

まとめ

 

今回ニコルさんの経歴を調べてみて、波瀾万丈でかなり苦労されてきたことが分かりました。

 

特に、小学校時代のいじめの問題は、深刻でした。

 

国籍が日本というのは意外で驚きましたが、日本を気に入ってくれたんだと思うと嬉しいものですね♡

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)