茶の湯展(東京)の混雑や割引チケットは?曜変天目の期間や呈茶席も!

特別展「茶の湯」_日本の美の粋、茶の名品ずらり。

 

こんにちは、まちりです♪

 

仕事の取引先の方から、伊勢名物の赤福をいただきました。

 

日本人なら誰もが知っている赤福!

 

やっぱり美味しいですよね♡

 

 

こしあんで軽い感じなので、何個でも食べれちゃいます!!

 

さて、上野の東京国立博物館で茶の湯展が開催されています。

 

室町時代から近代までの、各時代の名品がそろった見応えのある展示会となっているようです!!

スポンサーリンク

茶の湯展の開催概要

 

会期

2017年4月11日(火)〜6月4日(日)

会場

東京国立博物館 平成館(上野公園) 
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
概要・アクセス_|_特別展「茶の湯」_日本の美の粋、茶の名品ずらり。

休館日

月曜日
※ただし5月1日(月)は開館

開館時間

午前9時30分〜午後5時

※金曜・土曜は午後9時まで、日曜は午後6時まで開館

※ゴールデンウィーク期間中の4月30日(日)、5月3日(水・祝)〜5月7日(日)は午後9時まで
※入館は閉館の30分前まで

 

 

入館料金

一般 1,600円
大学生 1,200円
高校生 900円

スポンサーリンク

茶の湯展の割引チケットや前売りチケットは?

 

茶の湯展の前売り券と当日券の料金を比較してみました。

 

前売 当日
一般 1,400円 1,600円
大学生 1,000円 1,200円
高校生 700円 900円

 

前売り券が断然お得ですね!

 

前売り券の販売は2017年4月10日までなので、行く予定をしているかたは早めに購入しておいたほうがよさそうですね。

 

チケットの購入はこちらからです!

 

割引チケットは?

前売り券を買おうと思っていたけど、うっかり買いそびれてしまった方に朗報です!

 

茶の湯展には「きもの割」という割引があり、着物で行った方は入場料金が当日券より100円引きをしてくれるそうです。

 

だた、当日はチケットを購入するために会場でならばなければいけないので、それがネックですね。

 

 

曜変天目の期間は?

 

テレビ東京の「なんでも鑑定団」で世界で4点目の大発見として大きな注目を集めた「曜変天目茶碗」が、茶の湯展では展示されます。

 

「曜変天目」の中でも最も虹彩が美しい静嘉堂文庫美術館所蔵の国宝「曜変天目 稲葉天目」 が展示されるとあって、大注目を集めているんです!!

 

鑑定団で話題の国宝「曜変天目」も観られる!特別展「茶の湯」がすごい_-_いまトピ

 

ただ、この「曜変天目 稲葉天目」の展示は期間限定なのでご注意を!

 

展示期間は、4月11日(火)~5月7日(日)となり、後半はGWはいるので、かなりの混雑が予想されます。

 

 

茶の湯展の混雑状況は?

 

「曜変天目 稲葉天目」の展示期間中(4月11日(火)~5月7日(日))はかなりの混雑となりそうです。

 

ですが、どうせ行くなら「曜変天目 稲葉天目」の展示期間中に行きたいですよね!!

 

茶の湯展は、金曜・土曜は午後9時まで開館しています。

 

金曜の夜だけ午後の8時まで開館している美術展は結構あるんですが、金曜・土曜と連続で午後9時までとは珍しいし、嬉しいですよね!

 

ですが、おそらく夜間も開館していることを知らない人も沢山いるはず!

 

金曜と土曜の夜間が比較的ゆっくりと見学出来る時間帯ではないかと思います。

 

 

各流派による呈茶席は?

 

RS=^ADBJpMQBAC0CoKnD9fmbpf0hDHcCJE-.jpg

 

日程

4月18日(火)表千家不審菴(担当:表千家同門会東京支部)
4月20日(木)武者小路千家官休庵(担当:東京官休会)
4月21日(金)藪内燕庵(担当:古儀茶道藪内流竹風会東京支部)
4月22日(土)江戸千家宗家蓮華庵
4月23日(日)東京藝術大学(担当:東京藝術大学裏千家茶道部)
4月25日(火)大日本茶道学会(担当:大日本茶道学会本部教場)
4月27日(木)江戸千家
4月28日(金)遠州茶道宗家
4月29日(土)茶道宗徧流不審庵(担当:茶道宗徧流不審庵関東地区)
4月30日(日)裏千家今日庵(担当:茶道裏千家淡交会関東第一地区)

 

時間

各日11:00〜15:00頃(各回30分、全8回実施)

 

会場

平成館1階ラウンジ

 

料金

500円(菓子付・税込)
(ただし本展覧会の観覧券が必要。半券でも可。その場合は別途入館料が必要。)

 

受付

当日受付。9:30より茶券販売開始(お一人様一枚のみ)。売切次第終了

 

500円でお菓子付きでお茶がいただけるなら、休憩にピッタリですね!!

 

茶の湯展なので、オシャレなお椀でお抹茶が提供されそうな予感★

 

各流派の違いを比べてみるのも、面白いかもしれませんね!

 

 

茶の湯展のグッズは?

 

展示会場には、オリジナルグッズが販売されます!

 

①オリジナル和菓子

 

奉天 864円(税込)【写真右】

小さなかりんとう種を水飴の生地で包んだ、素朴で風味豊かな昔ながらの菓子です。イチゴ、ココア、抹茶、黒糖など――、さまざまな味を愉しむ事ができます。

 

落雁 1,404円(税込)【写真左】

きめ細かく、口どけのよい昔ながらの干菓子です。やさしい甘さの和三盆と香ばしい麦焦がし――、素材本来の味を愉しむ事ができます。

 

②オリジナル帯締

【写真上】馬蝗絆 冠組ばこうはん  かんむりぐみ 大暈おおぼかし+段染
予定販売価格¥28,080(税込)
足利義政が愛したという「青磁輪花茶碗 銘 馬蝗絆」(東京国立博物館蔵)。美しい青磁の上品な色合いと、この茶碗の特徴であるヒビに打たれた「かすがい」をイメージしたアクセントが施された帯締です。

 

【写真下】油滴天目ゆてきてんもく 本貝ノ口組 大暈おおぼか
予定販売価格¥45,360(税込)
まるで油の滴のように、金色や銀色の美しいまだら模様が釉に浮かび上がる国宝「油滴天目」(大阪市立東洋陶磁美術館蔵)。豊臣秀吉の甥・秀次所持と伝わるこの名高い作品をイメージした帯締は、濃紺色の地に輝く金糸が組み込まれた一品です。

 

帯締は、なかなかの高価格ですね!

 

着物を着て見学に来る方も多いでしょうから、このような着物グッズが売れそうです♡

 

 

まとめ

 

茶の湯展についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

最近はイタリアなどの美術展が多く開催されていましたが、和のものも素敵でいいですね!

 

着物を着て見学したら、かなりオシャレかも・・・!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)