藤沢江の島花火大会2017の混雑や穴場な場所は?有料席のチケットも!

 

%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%8f%e6%b1%9f%e3%81%ae%e5%b3%b6%e8%8a%b1%e7%81%ab%e5%a4%a7%e4%bc%9a

 

こんにちは、まちりです♪

 

最近ぐっと秋っぽくなってきましたね〜

 

秋といえば、私が楽しみにしているイベントがあります!

 

そのイベントの定番といえば夏なんですが、ここ数年、私の地元では秋に開催されるようになり、嬉しく思っています★

 

そのイベントが何かというと、夏の風物詩でもある「花火大会」なんです!!

 

今回は私の地元である「ふじさわ江の島花火大会」についてこれまでの経験と最新情報をふまえていろいろご紹介していと思います!

 

みなさんの参考になれば嬉しいです★

スポンサーリンク

花火大会概要

 

%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%8f%e6%b1%9f%e3%81%ae%e5%b3%b6%e8%8a%b1%e7%81%ab%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e3%81%ae%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%83%bb%e9%96%8b%e5%82%ac%e6%83%85%e5%a0%b1%ef%bd%9c%e8%8a%b1%e7%81%ab

 

開催日:2017年10月14日(土)

雨天・荒天などの順延日:10月15日(日)

※15日(日)も雨天・荒天の場合は中止
※小雨決行

 

時間:午後6時~午後6時45分

 

打上数:3,000発(2尺玉を含む)

 

会場:片瀬海岸西浜

 

住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2−3

 

TEL:0466-22-4141

 

公共交通
・小田急片瀬江ノ島駅→徒歩2分

・江ノ島電鉄江ノ島駅→徒歩5分

・湘南モノレール湘南江の島駅→徒歩7分

 

東名高速厚木ICから国道134号経由24km50分

 

駐 車 場

あり 1636台、普通車1時間400円、1日2000円〜

※会場周辺の交通規制:あり(一部会場付近の住宅街が通行止)

 

◆料金
無料[有料席もあり。パイプイス席(2500席)1人2500円]

 

 

混雑状況について

 

かなり混みます!!

 

開催中止となった「神奈川新聞花火大会」ほどは混みませんが、田舎だし、秋だし、人はそんなに来ないだろう!なんて思っていたら大間違いです★

 

早く行くにこした事はないですが、席を選ばないのであれば、開始直前に行っても、十分に花火を楽しむ事が出来ます!!

 

特に砂浜は比較的空いています!

 

江の島周辺の海岸は、砂浜へ降りる為の階段があります。

 

その階段は座りやすいし、砂もほとんどないのでめちゃくちゃおすすめです★

 

レジャーシートは必須なので、必ず持って行って下さいね!

スポンサーリンク

駐車場について

 

駐車場が1636台とたくさんあるように思われますが、この駐車場は花火大会専用の駐車場ではなく、普通に観光に来た方も利用しているので、車を停めたいのであれば早めに行く必要があります。

 

お昼過ぎには車を停めて、観光しながら花火の時間を待つ感じになります。

 

また、花火大会が終わると一斉に帰り始めるので、大渋滞となります。

 

歩いた方が早いのではないかというくらい、ノロノロとしか進みませんし、当日は交通規制が入り、通行止めとなるところもあるので、注意しなければいけません。

 

正直、でいくのはおすすめ出来ません!!

 

 

有料席について

 

◆販売場所

・藤沢市観光センター・藤沢市観光課

・プレイガイド(チケットぴあ、ローソンチケット)

 

◆価格:2500円

 

◆席数:2500席

パイプイスの席です。

 

場所はこちらです。

 

%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%8f%e6%b1%9f%e3%81%ae%e5%b3%b6%e8%8a%b1%e7%81%ab%e5%a4%a7%e4%bc%9a

 

この有料席はとても人気があるので、すぐに売り切れてしまいます。

 

特に、デートなどで並びの席を希望するかたは早めに購入する必要があります!

 

だたし、この有料席には注意しなければいけない点が!

 

それは、有料席めちゃくちゃ寒いということです。

 

10月と言えば昼は暖かいかもしれませんが、夜はかなりの寒さです。

 

有料席を利用するのであれば、ダウンやホッカイロなどの十分な防寒対策が必要です。

 

デートで利用する場合は、特に気をつけて下さいね!!

 

 

おすすめの楽しみ方は?穴場な場所は?

 

①行くなら電車で!

 

電車で行った方が良いと思います。

 

花火大会ですからそれなりに混みますが、車よりはいくらか良いのです!

 

電車を利用する場合、特に帰りですが、江の電の江ノ島駅入場規制が入るのでめちゃくちゃ不便です。

 

出来れば避けて、小田急モノレールを利用した方が良いと思います!

 

 

②江ノ島の東側が空いてる

 

本会場である江ノ島の西側よりも、東側の方が空いています!!

 

どうしても花火の近くで迫力を感じたいという人は別ですが、東側からでも十分に花火を楽しむ事が出来るので、のんびり見たい方はこちらの方が良いですよ〜

 

 

③江の島アイランドスパ周辺

 

 

江の島の中に入ってしまうと、意外と空いているものです!

 

境川の河口を挟んで、片瀬漁港を正面に臨む穴場のスポットです。

 

 

④湘南海岸公園・鵠沼海岸周辺


この辺りは打ち上げ場所から少し離れているので、かなり空いています!!

 

でも、とっても良く見えるんですよ★

 

レジャーシートを広げてのんびりと見る事が出来るので、家族連れにピッタリです!

 

私は毎年友達と花火大会へ行きますが、鵠沼海岸近くの海岸で見ています!

 

時間ギリギリにいっても空いてますし、レジャーシートを広げて座れるので、ビールを飲みながらのんびりと花火を楽しむことが出来るのが気に入っています♡

 

 

まとめ

 

秋の花火大会って空気が澄んでるのできれいですよね〜。

 

ただ、夏よりは乾燥しているので、花火師さんたちにとっては、多少リスクが高まるのかもしれません。

 

花火師さんあっての花火大会です!

 

花火師さんへの感謝の気持ちも忘れないように、花火を楽しみたいと思います★

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)