福岡国際マラソン2016のイケメンペースメーカーの名前や国籍と画像も!

こんにちは、まちりです!

 

今日は仕事もお休みなので、自宅でのんびり福岡国際マラソンを見ていました!

 

川内選手の最後の追い上げには、本当に感動しました。

 

最後まで諦めずにがんばることって、本当に大切ですね。

 

人に勇気と感動を与えてくれます!!

 

そして、今回のマラソンでは、ペースメーカーが離脱したとたんにペースが一気にあがりました!

 

今日のペースメーカーの方について調べてみました!

スポンサーリンク

福岡国際マラソンペースメーカーの名前や国籍は?

 

デービッド・リドリー(ニュージーランド)

 

ニール・ピアソン(オーストラリア)

 

タリク・ベケレ(エチオピア)

 

ドミトル・バラヌクスキー(ウクライナ)

 

この4人の方が、福岡マラソンのペースメーカーをされていました。

 

画像を探したんですが、みつけられませんでした。

 

写真とっておけば良かったと後悔・・・。

 

オーストラリアのニール・ピアソンさんはイケメンでした!!

 

 

世間の反応は?

 

 

 

私はイケメンペースメーカーがいたので、気になったんですが、ペースメーカーも意外と話題になっているんですね!

スポンサーリンク

まとめ

 

はやりペースメーカーがいなくなるとペースが変わるんですね!

 

力のある選手とそうでない選手ではっきりと差が出るのが面白かったです。

 

最後の川内選手の走りには感動しました★

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)