博多の陥没で犠牲者ゼロの理由は?原因は地下鉄で都内は大丈夫?

%e5%8d%9a%e5%a4%9a%e9%a7%85%e5%89%8d%e3%81%ae%e9%81%93%e8%b7%af%e9%99%a5%e6%b2%a1%e3%80%81%e7%8a%a0%e7%89%b2%e8%80%85%e3%82%bc%e3%83%ad%e3%81%ae%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%81%ab%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%80%80

 

こんばんは、まちりです★

 

都内は今日は暖かい1日でしたね〜!

 

お昼なんて、コートがなくても大丈夫なくらいでした。

 

でも、明日から気温がぐっと下がり、さらに週末は天気も悪いようなのでちょっと憂鬱です。

 

しっかり寒さ対策して出勤しなければ!!

 

さて、仕事中に友達からもらったメールで知ったんですが、博多駅前の道路が陥没しましたね。

 

画像を見ると、がっぽりと道路がなくなっていて、衝撃的でした。

 

原因の1つは地下鉄の工事のようですが、都内の方が圧倒的に多くの地下鉄が通っていますが、突然陥没する心配はないのでしょうか?

 

いろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

博多駅前の陥没した場所は?

 

ニュースの映像に、この花岡歯科医院の看板が映っていたので、ちょうど花岡歯科医院の前の、大通りが陥没した場所です。

 

この大通りは「はかた大通り」です。

 

深さ15mの巨大な穴が空いたのは、九州の玄関口である博多駅の目の前!

 

時間が5時15分と早朝だったとはいえ、人通りがまったくない地域ではないのに、犠牲者がゼロだったのは奇跡的と思いますよね・・・。

 

しかし、それは単なる奇跡ではありませんでした。

 

 

 

犠牲者ゼロは神対応のおかげ!

 

陥没した現場では「地下鉄七隈線」の工事が行われていました。

 

事故が起きたとき、陥没現場の地下30m付近では、線路となる横穴を掘る工事を進められていましたが、午前5時頃にトンネル内で水が噴き出したために工事を中止しています。

 

地上に影響が及ぶ可能性があるとの現場の判断で、水が噴き出してから10分後には地上の交通規制が実施され、付近の道路は通行止めになりました。

 

通行止めになった5分後の、午前5時15分ころ、道路が陥没します。

 

 

地下の穴に水が噴き出してから、陥没するまでの時間はわずか15分!!

 

その15分の間に交通規制をした、現場の神対応のおかげで犠牲者がゼロだったわけです★

 

素晴らしいです!!!

 

原因は地下鉄の工事や、地震による想定以上の地盤の軟化、雨水・下水管の老朽化による漏水による地下の浸食などと言われていますが、工事中だった事をかがえるとやはり最大の原因は地下鉄の工事だったのでしょうか。

スポンサーリンク

東京都内は道路は大丈夫なの?

 

博多の陥没は地下鉄工事の影響が大きかったのではないかと予想されましたが、それならば、都内はどうなるのでしょうか?

 

博多と東京の地下鉄の路線を調べてみると、地下鉄の数は、

 

博多:3線

東京:13線

 

と圧倒的に東京が多いです。

 

本数がこんなにも多いという事と、地震による想定以上の地盤の軟化、雨水・下水管の老朽化による漏水による地下の浸食を考えると、都内でも、いつ道路が陥没してもおかしくないように思えます。

 

そう考えると、今回の博多の陥没事故は、地下鉄の工事をしていたから前兆に気づく事ができ、犠牲者をゼロにできたとも考えられますね。

 

博多の陥没事故を受けて、都内でもその辺りの調査をしっかりとしてもらいたいと思います。

 

 

まとめ

 

道路の陥没で、怪我をされた方がいたようですが、犠牲者がゼロなのは本当に素晴らしい事です。

 

博多では過去にも道路が陥没する事故があったようですが、二度と同じ事が起こらないようにしてもらいたいですね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)