原口一博(議院)の妻や息子は?経歴や骨の難病について調べてみた!

%e5%8e%9f%e5%8f%a3%e4%b8%80%e5%8d%9a_-_wikipedia

出典:Wikipedia

 

こんにちは、まちりです♩

 

先日買い物をしたときに、久しぶりにアーモンドチョコレートを買いました!

 

チョコレートとか、甘いものって、食べ始めると止まらなくなってしまうので、あんまり買わないようにしてたんです。

 

それを今日開けたんですが、やはり一気に食べちゃいました★

 

まぁ、たまには良いかなと思います!!

 

さて、先ほどネットでニュースを見ていたんですが、議員の原口一博さんが骨の遺伝性難病(骨形成不全症)だということが公表されました。

 

難病とは大変ですよね・・・。

 

原口さんや骨の病気について調べてみました。

スポンサーリンク

原口一博さんのプロフィール

 

名前:原口 一博(はらぐち かずひろ)

 

生年月日:1959年7月2日

 

出身:佐賀県

 

職業: 日本の政治家

 

大学:東京大学

 

高校:佐賀西高等学校

 

 

原口一博さんの経歴は?

 

大学卒業後、松下政経塾に入塾。

 

佐賀県議会議員選挙に出馬し当選、政治家デビューを果たします。

 

その後、総務大臣、内閣府特命担当大臣(地域主権推進担当)、衆議院総務委員長、民主党佐賀県連代表などを歴任し、現在に至ります。

 

現在は、民進党所属の衆議院議員(7期)、民進党常任幹事会議長を務めています。

 

 

原口一博さんの妻や息子について

 

原口さんの奥さんは、原口直子さんです。

 

奥様は2013年に病気のため、53歳の若さで亡くなっています。

 

息子さんはイケメン音楽家で、以前、松葉杖や車いすで選挙活動を行っていた原口さんを、フォローし選挙活動を支えていた事が話題となりました。

 

息子さんの選挙活動を支える姿はとても感動的でしたよね!

 

あのように立派で優しいのは、ご両親の育て方が良かったんでしょう。

 

原口さんにとっては、自慢の息子ですよね!

スポンサーリンク

骨形成不全症とは?

 

遺伝子の異変が原因となっています。

 

遺伝のこともあるし、突然変異で病気になる事もあります。

 

1. 「骨形成不全症」とはどのような病気ですか

骨形成不全症とは,骨がもろく弱いことから、骨折しやすくなり、骨の変形を来す先天性の病気です。目の強膜が青くなったり、難聴が見られたりすることもあります。

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか

2万人に1人くらいの割合で生まれるとされ、推定では、6000人程度の患者さんがおられると考えられます。

3. この病気はどのような人に多いのですか

親のどちらかが同じ病気で、常染色体優性遺伝を示している患者さんもおられますし、突然変異で病気になって、家族に同じ病気の患者さんがおられない場合もあります。重症な患者さんでは、両親の異常な遺伝子を1つずつ受け継いで発症している(常染色体劣性遺伝)場合もあります。

 

出典:http://www.nanbyou.or.jp/entry/4567

 

原口さんも、階段を踏み外して複雑骨折をしたり、2016年11月下旬にも自宅で転倒し、右腕と右足を骨折、入院生活に入り、国会も欠席していました。

 

これは、病気の為に、骨がもろく骨折しやすくなっていたからなんですね。

 

奥さんを早くになくされて辛い思いをされ、その後、自分が難病にかかってしまうとは、お気の毒です。

 

しかし、立派な息子さんがいらっしゃるので、今後も原口さんを支えていかれるのでしょうね。

 

 

まとめ

 

骨形成不全症とは初めて聞きましたが、骨がもろくなり骨折しやすくなったり、変形しやすくなったりするという、大変な病気でした。

 

現在は国会を欠席して入院されてるとの事ですが、ご家族のためにも、無理はしないでもらいたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)