ヒアリは日本のどこにいるの?駆除方法や刺された時の症状や対処法も!

こんにちは、まちりです♩

 

 

今日の予想最高気温は28度と、真夏日になるようです。

 

 

暖かくなったくるとイベントやお祭りが沢山開催されるので楽しみですが、気になることも…。

 

 

それは、虫が活動的になることです。

 

 

すでにGは夜になると街中で見かけることもありますよね。

 

 

Gとは、ゴキブリですね。

あー気持ち悪い。

 

 

さて、今話題となっているのが、ヒアリ(火蟻)という猛毒を持った蟻です。

 

 

刺されたらアナフィラキシーショックで死に至る可能性もあるんだそう。

 

 

ゴキブリよりも、ヒアリの方がはるかに怖いですね。

 

 

ヒアリについて調べてみました。

スポンサーリンク

ヒアリが国内初確認!

 

 環境省は13日、特定外来生物で強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が、中国から神戸港に入港し尼崎市内に運ばれたコンテナの中で発見された、と発表した。

 

国内での確認は初めて。

 

同省によると、5月20日に中国広州市から神戸港に到着した貨物船のコンテナを同26日に尼崎市内で開けたところ、床や壁面で大量のアリの成虫や卵を発見。

 

密閉し、今月1~5日に駆除した。調べた結果、9日にヒアリと分かった。

 

体長2・5~6ミリメートル程度で赤茶色、腹部はやや黒っぽい。

 

攻撃性が高く、強い毒を持っており、刺されると、体質によっては呼吸困難などを伴う急性アレルギー反応「アナフィラキシーショック」を起こす危険性があるという。

 

広州市では既にヒアリがすみ着いており、同省は「積み出す際にコンテナ内部に付着していた可能性が高い」としている。

 

今後、神戸港内でコンテナを留め置いた2カ所と尼崎市内のコンテナの開封場所で、周辺への侵入がないかを確認する。(大盛周平)

 

出展:神戸新聞

 

 

ついに、猛毒を持つ蟻の一種であるヒアリが日本に上陸してしまいました。

 

 

5月の下旬に中国から入った貨物船のコンテナからら猛毒のヒアリが発見され、消毒して死滅させたようですが、蟻はとても小さな生物なので、わずかな隙間からコンテナ外へ侵入している可能性もあります。

 

 

ヒアリの毒は猛毒で、アナフィラキシーショックを起す危険性があるとのこと・・・。

 

 

万が一刺されたら大変です。

 

 

ヒアリは南米原産の蟻ですが、米国や中国、オーストラリアなどへ侵入して定着し、死者も出ています。

 

 

今回神戸で発見されましたが、侵入した可能性はゼロではありません。

 

 

周辺にお住まいの方は特に注意が必要ですね。

スポンサーリンク

ヒアリの特徴は?

 

原産:南米
生息地:北米、中国、フィリピンなど
体調:2.5mm〜6mmと、さまざまな大きさがいる
体の色:赤茶色、お尻に毒針をもつ

 
ヒアリは、殺人アリとの異名もあるくらい、猛毒を持っています。

 

 

1cmにも満たない小さな体ですが、人を死に至らしめる可能性があるのですから、その毒げいかにすごいものかわかりますよね。

 

 

特定外来生物に指定されており、雑食性で無視や樹液、花の蜜を食べて生きているとのことです。

 

 

ヒアリに刺された時の症状は?

 

猛毒を持つヒアリですが、万が一刺されてしまった場合、どのような症状が出るのでしょうか?

 

 

ヒアリの毒への反応は人によって大きく異なり、軽度から重度まであります。

 

 

神戸新聞NEXT|社会|強毒ヒアリ、刺されたらどうする? 専門家に聞く

 

 

軽度の場合

軽度の場合でも、激しい痛みとかゆみ。10時間ほどでがでています。

 

重度の場合

刺されて数分から数十分の間に声がかれ息苦しさ激しい動悸めまいなどを起こすことがあり、昏睡状態になって、生命の危険も伴います。

 

 

ヒアリの毒には、ハチの毒との共通成分があり、ハチ毒アレルギーを持つ人は特に注意が必要とのこと。

 

 

これまでにハチに刺された経験がある方が刺された場合、重症となることが多いので、特に注意して下さい。

 

 

刺された時の対処法は?

 

ヒアリに刺された場合、20~30分程度は安静にし、体調の変化がないか注意して観察します。

 

 

悪化する様子がなければ緊急性はないので、ゆっくりと病院を受診しても大丈夫です。

 

 

人によっては容体が急変することがあり、その場合は病院ですぐに治療を受ける必要があります。

 

 

病院に行く時は「ヒアリに刺された」「アナフィラキシーショックの可能性がある」ことを必ず伝えて下さいね!

 

 

ヒアリの駆除方法は?

 

ヒアリを発見したら、地方環境事務所に通報しましょう。
場所別になっています→地方環境事務所

 

 

まずはヒアリが日本に侵入することを防がなければなりません。

 

 

ヒアリは猛毒を持っているので、絶対に素手で触わってはいけません。

 

 

ヒアリの駆除方法で即効性があるのは、熱湯と殺虫剤です。

 
ヒアリや巣に熱湯や殺虫剤を直接かけることが効果的!

 

 

なので、ヒアリの巣の奥の方などは駆除出来ないんですよ。

 

 

市販の殺虫剤より専門業者による高圧散布のほうが効果が高いので、環境事務局に通報してすぐに駆除してもらいましょう!

 

 

また、即効性はないですが、顆粒やゼリー状のベイト剤(毒エサ)でも高い効果が期待できるようです。

 

 

ヒアリは猛毒を持っているので、様々な方法を駆使して駆除する必要がありますね。

 

 

ヒアリは日本のどこにいるの?

 

ヒアリは神戸港の貨物船のコンテナから発見され、完全に駆除できたとされています。

 

 

しかし、駆除されずに生き延びたヒアリがいる可能性は否定できません。

 

 

なので、現在日本にヒアリがいるとすれば、神戸周辺でしょう。

 

 

ヒアリはどんな場所にいるの?

 

ヒアリはどんな場所に生息するのが、どんな巣に住んでいるのでしょうか?

 

 

ヒアリの巣は、アリ塚です。

 

 

どんな場所に蟻塚を作る習性があるのかというと。

 

農耕地
公園
開放的な草地
裸地

 

などに多く見られるとのことです。

 

 

小さな子供さんが公園で遊ぶ時など、気を付けなければなりません。

 

 

蟻塚の特徴は?

 

直径:25cm〜60cm
高さ:15cm〜50cm程度のドーム状
大きさ:最大90cm
深さ:最大180cm

 
土がこんもりドーム状をしているようや場所があれば、それは蟻塚かもしれません。

 

 

ヒアリは攻撃性が強く集団で襲ってくる特徴があるとのこと。

 

 

子供が何も知らずに蟻塚をいたずらし、ヒアリに刺されたら大変です。

 

 

アリって小さい虫なので、小さな子供でも怖がることなく触れてしまうもの。

 

 

日頃からアリには触らないように、注意しておく必要があるかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

ヒアリの猛毒は恐ろしいですね。

 

 

小さなアリですから、日本に一旦定着してしまうと、根絶は困難です。

 

 

幸い日本はまだ侵入された段階なので、定着するのを、なんとしても防がなくてはなりません。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)