松浦紀典(マリノスホペイロ)の年収やwikiは?ホペイロになる方法も!

%e3%80%8c%e6%9d%be%e6%b5%a6%e7%b4%80%e5%85%b8%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c_-_yahoo_%e6%a4%9c%e7%b4%a2%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%89

出展:http://image.search.yahoo.co.jp/

 

おはようございます、まちりです♩

 

昨日は夜中に突然雨が降ってきて、その音が激しかったので目が覚めてしまいました。

 

結構うるさかったです・・・。

 

明日も降っていたら嫌だなと思いながら寝たんですが、今朝起きてみたら雨は止んでいたので、なんだか嬉しかったです。

 

さて、ホペイロってご存知ですか?

 

テレビの雑誌を見ていて、今度ホペイロの特集番組がやることを知って興味をもったんですが、ホペイロって、プロサッカー選手の用具や身の回りのものを管理・ ケア・準備する人の事なんです。

 

今回は横浜マリノスのホペイロとして活躍されている松浦紀典さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

松浦紀典さんのwiki風プロフィール

 

%e3%80%8c%e6%9d%be%e6%b5%a6%e7%b4%80%e5%85%b8%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c_-_yahoo_%e6%a4%9c%e7%b4%a2%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%89

出展:http://www.asahi.com/worldcup/japan/TKY20100623026..

 

名前:松浦紀典(まつうらのりよし)

生年月日:1970年12月26日

出身:山梨県富士吉田市

高校:山梨県立吉田高等学校

 

1989 大手メーカー勤務
1993 読売日本サッカークラブ
ヴェルディ川崎
1999 日本テレビフットボールクラブ
ヴェルディ川崎
2001 日本テレビフットボールクラブ
東京ヴェルディ1969
2003 名古屋グランパスエイト
名古屋グランパスエイト
2008− 名古屋グランパスエイト
名古屋グランパス

出展:http://roupeiro.com/profile.html

 

高校を卒業後は大手メーカーで勤務されているので、すぐにサッカーの世界に入ったわけではないようですね。

 

いくつかのチームを経て、現在は横浜マリノスのホペイロとして活躍されています。

 

松浦さんは選手から絶大な信頼を受けていて、田中マルクス闘莉王選手や、世界で活躍している日本代表の本田圭佑選手や吉田麻也選手も、シューズ等の管理・ケアを今でも松浦さんに依頼しているそうです!

 

他チームの選手からも依頼が来るってすごいことですよね。

 

そこまで信頼される理由は一体何なのでしょうか?

 

 

松浦紀典さんの仕事ぶり!

 

松浦さんが絶大な信頼を受けている理由は、その仕事ぶりに秘密がありました!

 

真面目で丁寧、そして何よりも選手やチームのために全てを尽くす仕事ぶりが評価されています。

 

通常、選手の試合会場入りは約2時間前なんですが、松浦さんは4時間前に会場入りをして、ロッカールームの準備にとりかかります!

 

ロッカーの準備にはとても気を使われていて、スタメンと控えによって場所を変えるのはもちろん、ポジション間で連携を多く図ると思われる選手を隣同士にする配慮までしているんです。

 

さらに、選手のシューズを選ぶのも、ピッチの状態を自分の足で確認してからですし、選手のコンディションによってはモチベーションアップのためにお菓子を用意したりと、松浦さんは男性ですが、まるでチームのお母さんのようです。

 

優秀な選手がいることはもちろん重要なことですが、松浦さんのように、選手が力を発揮できるようにサポートしたり、支えてくれる人の存在ってとても大きいよいわと思います。

 

きっと強いチームには、優秀なホペイロがいるんだろうなと思いました!!

スポンサーリンク

松浦紀典さんの年収は?

 

日本のホペイロはまだ歴史が浅くお給料もそれ高くはないようです。

 

ただ松浦さんは日本のホペイロの先駆者的存在のようなので、お給料はそれなりに上がってきてるのだと思います。

 

プロ野球の裏方さんたちのお給料は、年収で600万ほどなので、ホペイロはそれより少し低いくらいかなと思います。

 

ただ松浦さんは経験や実績があるので、700万くらいの年収はあるかもしれません。

 

 

ホペイロになるには?

 

日本では、ホペイロはまだ確立されて仕事ではないため「こうなったらホペイロになれる」という正しい道はありません。

 

こちらは「子供達に知って欲しい、サッカーの裏方職業のまとめ」というサイトから引用したものです。

 

ホペイロとして活躍している方が、ホペイロになれたきっかけが掲載されていました!

 

川崎フロンターレのホペイロ、伊藤浩之さん

1997年から川崎フロンターレの全公式戦に関わった唯一の存在です。伊藤さんは前職が家具屋でした。家具屋とホペイロはずいぶん違うのですが、手探り状態の中積み上げた努力が今のフロンターレにつながっています。

 

 

就職活動中に、たまたまレイソルの用具係に欠員が出たので滑りこめたというのは、柏レイソルのエクイップメントの木村将文さん。初仕事はいきなり1か月の合宿だったそうです。

ホペイロになるためにスペインに渡った山川幸則さんは、清掃バイトとファミレスのウェイターを掛け持ちしてお金をため、パリで行われたフランス・ワールドカップを観戦に行きます。そこでサッカー関係者と知り合い、「雇うチームがあるかどうかはわからないけど、来てみる?」という誘いに貯金をはたいてスペインに渡ります。

 

東京ヴェルディのホペイロ、渡辺強さんは高校卒業後、プロ選手を目指してパラグアイに留学。帰国後、一般企業に入社したのですがサッカーに関わる夢を捨てきれず、クラブスタッフとしてヴェルディに入社します。

 

ホペイロになるのは簡単な事ではないようなので、積極的に行動していく必要がありそうです。

 

まずは、日本のプロチームに問い合わせをしてみることがスタートかもしれません!!

 

 

まとめ

 

海外ではホペイロという職業が確立されているようですが、日本ではまだまだのようですね。

 

ホペイロがチームに与える影響はとても大きいと思うので、今後、日本でもホペイロはチームにいるのが当たり前となる日も近いのではないかと思いました。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)