井上浩輝(写真家)の経歴や大学は?結婚した妻や子供についても!

_96__井上_浩輝

こんにちは、まちりです♩

 

みなさん、ミサキドーナッツをご存知でしょうか?

 

以前から行きたかったんですが、なかなか行けず、先日ようやく行ってきました!!

 

こんな感じで見た目はとってもキュート!!

 

ミサキドーナツ_-_Twitter検索

 

そして、中にクリームが入っているんです!!

 

ミサキドーナツ_-_Twitter検索

 

しっとりとした生地の中にクリームが入っているので、とっても美味しいです!

 

可愛いので、手土産にも喜ばれると思います!

 

さて、情熱大陸という番組に写真家の「井上浩輝さん」が出演されます。

 

北海道でキタキツネの写真を撮っている写真家さんですが、井上さんの撮影したキタキツネは、イメージしていたキタキツネと違い、とてもクールで神秘的だけど、躍動感が感じられました。

スポンサーリンク

井上浩輝さんのwiki風プロフィールと経歴

 

_96__井上_浩輝

 

名前:井上浩輝(いのうえひろき)

 

生年月日:1979年 以下非公開

 

出身:北海道札幌

 

在住:北海道東川町

 

職業:写真家

 

札幌市で4人兄弟の長男として生まれた井上さん。

 

学生時代は医師を志していたそうですが、医学部受験に失敗したため新潟大学法学部へ進学します。

 

法学部では弁護士を目指しますが、またしても失敗・・・。

 

その後、北海道でキタキツネを中心に動物写真の撮影を開始するんです。

 

生まれ育った北海道ですから、幼い頃から北海道の自然じ魅了されていたのかもしれませんね。

 

大自然の春夏秋冬を繊細に写し出す作風で、雑誌「ナショナルジオグラフィック」“トラベルフォトグラファーオブザイヤー2016年”他、多数の賞を受賞しています。

 

井上さんの写真を拝見すると、クマのな印象を持ちました!

 

なんだかとても優しそうな方ですね。

スポンサーリンク

井上浩輝さんの高校や大学は?

 

高校:札幌南高等学校

大学:新潟大学法学部

 

大学は法学部なので、大学を卒業した後に専門学校に入学したのかと思ったんですが、そうではないようです。

 

井上さんは専門学校で学んだことはなく、写真やカメラの技術や知識、動物の生態も全て独学で学んだそうなんです!

 

全て独学なのにも関わらず、ここまで有名になるまでにかかったのは時間は、写真家を志してからわずか5年というのも驚きました。

 

 

井上浩輝さんの結婚した妻や子供は?

 

井上さんって、とても優しそうだし包容力がありそうだし、絶対モテそう!

 

なので、絶対に結婚されてて、お子さんもいらっしゃると思ったのですが、結婚についての情報がないんです・・・。

 

ということは、独身なんでしょうか・・・。

 

井上さんのFacebookを見てみると、出身地や在住地、出身学校など情報が細かく書き込まれているんですが、結婚・交際の情報は空白でした。

 

結婚されてない可能性が高そうです!

 

「クマさんみたいな男性がタイプ!」っていう女性は沢山いると思うので、井上さんが独身と知ったら喜ぶ女性が沢山いるでしょうね!

 

井上さんの結婚について、ご存知の方がいらっしゃったら教えていただけたら嬉しいです。

 

 

井上さんの写真は?

 

2016_National_Geographic_Travel_Photographer_of_the_Year___National_Geographic

 

こちらの写真は、ナショジオ」のフォトコンテストでNature部門の第一位に輝いた作品です。

 

動物の写真って図鑑の様な写真が多いですが、この作品は躍動感があって、想像力をかき立てられます。

 

_96__井上_浩輝

 

_96__井上_浩輝

 

この背景のピンクは一体何でしょうか?

 

とてもキレイですが、夕日でしょうか・・・?

 

井上さんの作品を見ていると、個展に行ってみたくなります!!

 

 

井上さんの個展・写真展は?

 

こちらのサイトは井上さんの公式ホームページです。

井上浩輝公式HP

 

個展の最新情報はこちらに掲載されているので、確認して下さい!

 

現在は北海道東川町のカフェ「ロースターコースター (Roaster Coaster)」で開催されています。

 

旭川動物園の近くのようなので、行く予定のある方はぜひ!

 

ロースターコースター (Roaster Coaster)

 

 

まとめ

 

キタキツネの写真、とても素敵でした。

 

見た目がクマさんのようなので、繊細な写真を撮るようには見えず、そのギャップがまた良いなと思いました!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)