島根県韓竈神社(からかま)のご利益やアクセス方法は?地図あり!

%e9%9f%93%e7%ab%88%e7%a5%9e%e7%a4%be_%e5%87%ba%e9%9b%b2%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e3%80%90%e5%87%ba%e9%9b%b2%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%8d%94%e4%bc%9a%e5%85%ac%e5%bc%8f%e3%83%9b%e3%83%bc

出展:https://www.izumo-kankou.gr.jp/241

 

こんにちは、まちりです♩

 

地元の福引きが今日までだったので、先ほど行ってきました!

 

1等はハワイ旅行で2等はお買い物券10万円分なんです★

 

私は2等狙いです!

 

今回集まった福引き券は15回分だったので、1回はそれなりの物が当たるかなと思っていました。

 

なんですが、結果は惨敗でした・・・。

 

15回中の13回はハズレのポケットティッシュ、2回は100円のお買い物券。

 

10万円のお買い物券を狙っていただけに残念ですが、ここで運は使わず、他で使う運命なんだろうと思う事にしました!

 

お正月はきっと良い事がある気がします★

 

さて、先日テレビで見て気になったんですが、島根県にある「韓竈神社(からかま)」をご存知でしょうか?

 

パワースポットとして有名らしいのですが、神社にたどり着くまでの道のりが、ちょっとした冒険のようでとても楽しそうでした!!

スポンサーリンク

韓竈神社(からかま)について

 

「韓竈神社」には様々な呼び名あります。

 

出雲国風土記:『韓銍社(からかまのやしろ)』

延喜式:『韓竈神社』

江戸時代:『智那尾権現(ちおごんげん)』

祭神の素盞嗚命(すさのおのみこと)が新羅(しらぎ)に渡り、日本に「植林法」やタタラ製法、鍛冶技術などの「鉄器文化」を伝えられたとされ、カラカマのカマは、溶鉱炉を意味するとも言われています。

 

また、この神社より奥は古くから産銅地帯といわれ、金掘り地区の地名や自然銅、野タタラ跡もあり、鉄器文化の開拓と深い関係があると考えられています。

 

 

韓竈神社(からかま)のご利益は?

 

%e9%9f%93%e7%ab%83%e7%a5%9e%e7%a4%be_%e9%9f%93%e7%ab%88%e7%a5%9e%e7%a4%be

出展:http://www.genbu.net/data/izumo/kankama_title.htm

 

子宝に恵まれると言われています!

 

鳥居を入ると、がたがたの石段が続いています。

 

韓竈神社は新羅から国引きした土地にあり、神社までの道程は荒く急勾配で、雨後は特に滑りやすく危険を伴います。

 

参道を登ったら大きな岩の割れ目があり、そこを通ると社殿があります。この岩の割れ目は女性の産道に見立てられ、子宝に恵まれるという言い伝えがあるそうです!

 

この割れ目がとても面白そうだなと思ったんですが、改めて画像で見ると、暗くて恐い感じがしますね。

 

割れ目の幅は40cmくらいのようなので、ぽっちゃりしている人は物理的に通れません!

 

あとは、多いな荷物もダメですよね〜。

 

 

韓竈神社(からかま)のアクセス方法は?

 

神社の地図はこちらです!

 

地図からも、周りには何もない、山奥という感じが伝わってきますね・・・!

最寄り駅は、一畑電車の雲州平田駅で、そこからは車で25分ほどかかるそうです。

 

また、雲州平田駅からはバスがでていますが、本数がすごく少ないので、バスを考えているかたは、しっかりと計画して行かなければ大変な事になると思います。

 

バスの時刻表はこちらです!

 

なので、自家用車かレンタカー、タクシーで行くのがベストかと思います。

 

かなりアクセスは悪いですが、それが、またパワースポットと言われる由縁なのかもしれません。

 

かなり山奥のようなので、個人で行くよりは、地元のガイドさんに案内してもらうのが良いような気がします!

 

 

参拝する上での注意事項

 

参道は非常に急な階段山道を約30分程度歩き、 その後、約40センチの岩の間を通らなければ、社殿まではたどり着けません。

 

靴は歩きやすくて滑りにくもの、服装も動きやすいものでないと危ないです。

 

前日に雨でも降っているとぬかるんだり、岩が濡れていたり、また苔蒸しているところはとても滑りやすいので、ハイヒールにミニスカートなんてとんでもありません!

 

でも、このなかなかたどり着けないからこそ、行く価値も倍増する訳です★

 

とてもパワーの強い神社と言われているので、日頃の悩みやストレスを解消するには、最適の場所だと思います!

 

あの岩の割れ目を見たら、誰もハイヒールで行こうなんて考えないと思いますが、スニーカー必須です。

 

あとは、岩に引っかかって服も傷ついたり、泥がついたりすると思うので、汚れても良い服装で行ったほうが良さそうですね〜。

スポンサーリンク

トイレや駐車場は?

 

駐車場

神社から800mほどの場所に3ヶ所あり、合計で10台程度駐車できます。

駐車場から神社までの間は、道幅が狭く、自動車で「すれ違うこと」が困難な上に、未舗装の区間や携帯電話の通話ができない区域なので、必ず神社の駐車場を利用して下さい。

何かトラブルになっても、気軽に人を呼ぶ事が出来ないかもしれません。

トイレ

後野のバス停の近くに仮説トイレがあります。

 

他は以下の場所にトイレがあるようです。

 

・鰐淵寺第1駐車場公衆トイレ(自動車で5分程度)

・唐川広場(お茶の里唐川館)内のトイレ

(鹿避け金網の開閉が必要です。自動車で3分、降車後、徒歩3分程度)

・鰐淵コミュニティーセンター(平日8:30~17:00:自動車で4分程度)

 

トイレはいくつかあるようですが、神社にはないでしょうし、不便です。

 

トイレ事情はよくないですね。

 

女子は注意です!!

 

 

みんなの感想や口コミは?

 

人が多くてビックリしたという口コミもありましたね!

 

私も、てっきり空いているものと思い込んでいたので、意外でした。

 

あとは、あの割れ目を通れるがポイントですが、標準体型の方であれば問題なく通れそうですね!

 

 

まとめ

 

岩の割れ目が面白くて気軽に行ってみたいと思った神社ですが、実際に調べてみると、行くのにもそれなりの覚悟が必要かなと思えます。

 

アクセスも悪いですし、鳥居を入ってからの道も険しいので、気合いを入れて行かなければ・・・!

 

ある程度の人を集めて行った方が良さそうですね〜。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)