血糖値スパイクの予防対策や症状は?がんやしわの原因って本当?

こんばんは、まちりです★

 

今日は仕事が早くおわったので、まっすぐ帰宅しました!

 

仕事が早く終わると、食事の支度や後片付けをしても、自分の時間が持てるのがいいですね〜。

 

自分の時間を持つ事は、ストレス解消のためにも大切ですからね★

 

さて、最近「血糖値スパイク」という言葉をよく耳にするようになりました。

 

こんなスパイク履いた事ないです。

 

一体何の事なんでしょうか?調べてみたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

 

血糖値スパイクってなに?

 

血糖値スパイクとは、ジェットコースターのように血糖値が急上昇・急降下することです!

 

全ての人の起こる事ではないのですが、

 

糖質(炭水化物、砂糖など)を多く含む高GI食品をとると、食後の血糖値が急に高くなりインスリン濃度を 上昇させます。

★インスリンは血糖値を下げるホルモンです。

 

%e4%b8%8d%e8%aa%bf%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%80%8c%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%af%e3%80%8d_1_%ef%bd%9c%e5%a4%a7%e5%a1%9a%e8%a3%bd%e8%96%ac

 

血糖値が高くなると、インスリンが働き血糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄えていきます。
すると今度は、血糖値が急激に下がってしまいます。

 

血糖値が下がった時の起こる不調症状は・・・

・軽度の低血糖を起こし、交感神経刺激症状(発汗、不安、動悸、頻脈など)

・頭痛

・眼のかすみ

・空腹感、眠気

 

食後に眠くなるのは、満腹だからではなく、血糖値スパイクによるものだったんです!!

 

 

 

血糖値スパイクの予防対策は?

 

食事を食べる順番や食生活の改善で、予防する事ができます!

 

スポンサーリンク

予防対策としては・・・

①炭水化物の摂取量を減らす

 

血糖値を上げるのは炭水化物だけです!

 

白米を食べると血糖値は上昇しますが、ステーキを食べても血糖値は上昇しません。

 

まずは、炭水化物の摂取量を減らして見ましょう♪

 

②野菜を先に食べる

食物繊維は糖の吸収を緩やかにするので、急激な食後の高血糖を防ぐ事が出来ます。

 

同じ食事のないようでも、野菜から先に食べることで、血糖値スパイクを抑えられるのです。

 

⑴白米 → 唐揚げ → サラダ

⑵サラダ → 唐揚げ → 白米

 

⑵の方が、血糖値の上昇が緩やかになりますね!

食事をとる時は、野菜を先に食べるようにしましょう♪

 

③G1値の低い食品を食べる

白米より玄米や雑穀米、小麦粉より全粒粉、など食物繊維を多く含む者はG1値がひくく、血糖値スパイクを起こしにくいです。

 

 

 

血糖値スパイクは放置すると危険!

 

血糖値スパイクを放置しておくと、動脈硬化になり、突然死やがん、認知症のリスクを高めることがわかっています。

 

また、血糖値が高い状態が続くことで人間の体は糖化という現象を起こしてしまいます。

 

糖化とは、体内の余計な糖分がタンパク質と結合してそのタンパク質を壊してしまう現象です。

 

糖化によりタンパク質が壊れ、しわやシミの原因となってしまうのです。

 

 

まとめ

 

血糖値スパイクは病気だけでなく肌のシミやしわにも悪い事が分かりました。

 

日頃の意識をちょっと変えれば、簡単に予防対策ができるので、早速実践したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)