金正男(キムジョンナム)の今現在は?結婚した妻や子供についても!

画像

こんにちは、まちりです♩

 

今年のバレンタインは職場でも友チョコが流行っていました!

 

無印良品を始め、様々なお店からバレンタイン手作りキットが発売されているのはご存知ですか?

 

今年は職場でそれが話題となっていて、沢山の人がバレンタインキットを使って友チョコを作っていました。

 

私もフォンダンショコラを作ったんですが、簡単に美味しく作る事が出来ましたよ!

 

さて、ニュースで知りましたが、北朝鮮の金正男氏が殺害されたそうですね。

 

金正男氏はどのような立場の、どのような人物だったのでしょうか?

スポンサーリンク

金正男氏のプロフィール

 

画像

 

名前:金 正男(キム・ジョンナム)

 

生年月日:1971年5月10日 – 2017年2月13日

 

北朝鮮の第2代最高指導者金正日の長男、第3代最高指導者金正恩の異母兄

スポンサーリンク

金正男氏の結婚した妻や子供は?

 

金正男氏は、北朝鮮の第二代最高指導者金正日の長男であることは知られています。

 

金正男氏は結婚されているのでしょうか?

 

調べたところ、結婚はされていて、なんとなんと!!

 

第三夫人までいらっしゃいました。

 

その夫人たちとの間には二男二女のお子さんがいるようです。

 

一部の人たちだけかもしれませんが、北朝鮮は一夫多妻なんですね!

 

第一夫人 中国北京在住

崔恵里(チェ・ヘリ)

息子  東換(ドンファン)

 

これ以上の事は分からなかったのですが、かなりの美人さんな予想です!

 

第二夫人

李恵慶(イ・ヘギョン)

息子  金漢率(キム・ハンソル)

娘  金率姫

 

1995年6月16日生まれとまだ若く、ユナイテッド・ワールド大学に通う学生さんです。

 

李恵慶(イ・ヘギョン)さんは芸術公演団出身でかなりの美人さんだそうです!

 

度々ら話題になる、北朝鮮の美女軍団の方たちって美人ぞろいですが、そのなかでもトップレベルの美女なんでしょうね。

 

長男のキム・ハンソル氏はマレーシアへ遺体の確認へいくのではないかと言われています。

 

そして、この長男も暗殺される危険があるんです。

 

♦︎関連記事♦︎

キムハンソル(金正男長男)の母や現在の画像は?彼女や高校大学も!

シティ・アイシャの彼氏や顔画像は?離婚歴あり?息子と職業も調査!

 

 

第三夫人 マカオ在住

 

明羅(ミョンラ)

娘  現慶(ヒョンギョン)

 

第三夫人はマカオに住んでいます。

 

それぞれの夫人が北京やマカオに住んでいるので、金正男(キム・ジョンナム)氏は北京とマカオを行ったり来たりしているんですね。

 

ちょっと日本の一般人からは想像できないような生活ですが…。

 

暗殺されたのはマレーシアの空港だったので、第三夫人に会った直後だったのかもしれません。

 

 

金正男氏の現在は?

 

マレーシアで暗殺された金正男氏。

 

最近は北京やマカオを転々とすると生活を送っていたようです。

 

金正男氏はコンピューターに精通しているようですし、父である金正日氏の遺産もかなりの額を相続していたようです。

 

過去には東京DLでの目撃情報もありましたし、自由な生活を送ってこたイメージでしたが…。

 

報道によると、2011年くらいから命を狙われていたようで、恐ろしいですね。

 

 

なぜ暗殺されたのか?

 

金正日氏が亡くなり、その後を継いだ金正恩氏ですが、彼は3男なんです。

 

今回暗殺された金正男氏が長男であり、本来であれば正当な後継者なんです。

 

しかも、国際感覚に優れ、北朝鮮の民主解放を狙っていたとの話しもあるので、金正恩氏から見れば、自らの地位を脅かす存在なんです。

 

個々最近、北朝鮮の重要人物たちが殺害されたとの報道が多々ありますよね。

 

正恩氏は、側近の粛清も含め、自らの地位を脅かすものについては、極めて冷徹に決断を下す人物のようなので、その1人が金正男氏だったんです。

 

それにしても腹違いとはいえ兄弟なのに・・・。

 

悲しい事ですね。

 

こちらが事件の構図です。

 

逮捕されたインドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者は、日本のテレビ番組の「いたずら動画」の撮影と騙されて犯行に加担させられています。

 

◆関連記事◆

シティ・アイシャの彼氏や顔画像は?離婚歴あり?息子と職業も調査!

 

シティ・アイシャ容疑者には彼氏がいた?Facebookなども

 

 

 

まとめ

 

金正男氏の暗殺報道は衝撃的でした。

 

権力争いで暗殺だなんて、一体いつの時代?と思ってしまいます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク