抗菌石鹸のトリクロサンは危険なの?日本での販売や商品について!

「抗菌石鹸」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

 

おはようございます、まちりです☆

 

みなさんは、職場や学校から帰ってきてから、まず最初に何をしますか?

 

私はまず最初に石鹸で手を洗います!

 

電車のつり革など、特に不特定多数の人が触る物はほんとに汚いから手を洗いたいなと思うし、「帰ってきたら手を洗う」と教育されてきたこともあって、必ず石鹸を使って手を洗っています。

 

しかし・・・!

 

ニュースを見てびっくりしたんですが、米国(アメリカ)では抗菌石鹸の販売が禁止になったそうじゃないですか?!

 

日本では禁止にならないの?

使い続けたらどうなるの?

こんな疑問を持ったので、これを調べていきたいと思います☆

 

スポンサーリンク

 

米国で抗菌石鹸が販売中止となる理由はこの3つ

 

・長期的に使用すると免疫系に打撃を与える可能性がある

・通常の石鹸よりも有効であるという科学的根拠はない

・長期的には益より害になることを示したデータがある

 

つまり、使い続けていると体に害が及ぼされてしまうわけです。

 

体に有害な物を今まで何年も使い続けていたと思うと恐ろしいです・・・。

 

 

 

抗菌石鹸の日本での販売はどうなるの?

 

日本では抗菌石鹸は販売され続けるのでしょうか?

 

米国で販売禁止となったのであって、日本ではまだ規制はされていません。

 

なので、米国では販売禁止なものが日本では購入出来るという状態ですね・・・。

 

これは珍しいことではありません。

 

抗菌石鹸だけではなく、トランス脂肪酸なんかも米国では禁止だけど日本では規制されていない物の一種です。

 

なので、自分で情報や含有成分をチェックして、使うか使わないのか判断する必要があります。

 

 

 

抗菌石鹸に含まれる危険な成分とは?

 

米国の発表は以下の通りです

19種類の殺菌剤のうちトリクロサンとトリクロカルバンは抗菌効果をうたう固形せっけんや液体せっけんに広く使用されているが、免疫系に打撃を与える恐れがあるという。

 

 

抗菌薬の中でも「トリクロサン」は海外では使用禁止のポスターが作られるほどです。

抗菌成分のトリクロサンなどに対してFDAが規制強化を発表_―日本国内でも流通_-___Technity

 

 

トリクロサン

 

wikiによると

トリクロサン自身は常温でダイオキシン類に化学変化することは無いと考えられているが、

ダイオキシンの発生が懸念されるような低温焼却炉ではトリクロサンがダイオキシン類に転化する可能性が示唆されている。

 

ダイオキシンといえば、「発がん性」があることで有名ですね。

 

それに変化する可能性があるというんですから危険だということは素人でも分かります。

 

その他の研究結果として、これらのことも分かっています。

・筋肉の収縮障害

・肝臓がんを引き起こす

 

完全に危険な成分であることがわかっているんです!!

 

病気予防のためと思って使っていた抗菌石鹸が原因で、「がん」になったとか笑えません・・・。

 

 

スポンサーリンク

トリクロサンを含む商品とは?

 

・ミューズハンドソープ

・花王薬用ハンドソープ

・ビオレ泡ハンドソープ

・QBデオドラントクリーム

・ビューティーゲート 足リフレッシュスプレー

 

などなどです。

 

ざっと調べただけでも、薬局で目にする多くの商品に「トリクロサン」含まれいます。

 

抗菌石鹸だけではなく、ハンドクリームやデオドラントスプレー、化粧水やシャンプーなど例外ではありません。

 

 

 

まとめ

 

病気にならないためには免疫力を高めることが必要なのに、抗菌石鹸で免疫力を低下させてしまっては本末転倒です。

 

これだけの危険性がわかっているんですから、日本政府も規制に乗り出さなければいけないと思うのですが、まだまだ時間がかかりそうですね・・・。

 

自分で危険成分を確認し、「自分のみは自分で守る」ことが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)