鳴門の渦潮の見頃やおすすめ見学スポットは?混雑状況や駐車場も!

この記事は3分で読めます

%e3%80%8c%e6%b8%a6%e6%bd%ae%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c_-_yahoo_%e6%a4%9c%e7%b4%a2%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%89

出典:徳島県観光情報サイト

 

 

こんばんは、まちりです★

 

今日は久々に暑い1日目だった気がします!

 

朝は雨が降っていて傘が必要な状態だったのですが、お昼くらいになったら、日差しも強くてまるで「夏」のようでした。

 

久しぶりに汗をかいて、熱中症にならないように水分補給しなくちゃ!と思いました。

 

 

実は、今日から連休をいただいておりまして、今日は徳島県と兵庫県を結ぶ「大鳴門橋」にやってきました!

 

私、大鳴門橋って初めてだったんですが、意外に面白いところで、とっても楽しめました♪

 

今日は鳴門の渦について書いていきたいと思います!

 

これから観光する方の参考になれば嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

鳴門の渦潮とは?

 

鳴門海峡で発生する渦潮です。

大潮の時には直径30mもの、巨大な渦が発生することもあり、渦の大きさは世界最大規模と言われています。

 

この渦潮がどこから見れるかというと・・・

遊覧船や両岸、大鳴門橋の道路下にある「渦の道」、展望台です。

 

ちなみに、橋の上は自動車専用道路・駐車禁止となっているので、橋の上から見る事は出来ません!

 

 

 

おすすめ見学スポット

 

①渦の道

 

渦の道は、大鳴門橋の道路下にある観光施設です。

私はここで見学したので、詳しく説明したいと思います!!

 

公園の駐車場に車を停め、渦の道までは歩いて5分くらいかかるのですが、案内板が出ているので初めての方でも迷う事はないと思います。

 

%e5%8f%97%e4%bf%a1%ef%bc%88100_%e4%bb%b6%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%80%81%e6%9c%aa%e9%96%8b%e5%b0%81_8_%e4%bb%b6%ef%bc%89%e5%8f%97%e4%bf%a1%ef%bc%88100_%e4%bb%b6%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%80%81%e6%9c%aa%e9%96%8b%e5%b0%81_8_%e4%bb%b6%ef%bc%89

入り口には、このような案内板があります!

ここを入っていくと渦の道です。

 

%e6%b8%a6%e3%81%ae%e9%81%93

 

渦の道からは渦がよく見えるので、おすすめです!!

入場料は大人が¥510でした。

詳しくはこちらで確認して下さい → 渦の道

 

ただ、高所恐怖症の人は辛いかもしれません。

私は高いとこが苦手なんですが、かなり怖かったです。

 

 

%e5%8f%97%e4%bf%a1%ef%bc%88100_%e4%bb%b6%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%80%81%e6%9c%aa%e9%96%8b%e5%b0%81_8_%e4%bb%b6%ef%bc%89%e5%8f%97%e4%bf%a1%ef%bc%88100_%e4%bb%b6%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%80%81%e6%9c%aa%e9%96%8b%e5%b0%81_8_%e4%bb%b6%ef%bc%89

 

遊歩道には、このようなガラス張りのところがあるので、ここから下をのぞくとめちゃくちゃ怖くて、足がすくみます。

 

もちろん渦潮がよく見えるんですが、結構な数があるので、高いところが苦手な人にはキツイです。

 

 

そして、一番怖いのは・・・。

この、コンクリートとコンクリートをつないでる部分なんです。

 

%e5%8f%97%e4%bf%a1%ef%bc%88100_%e4%bb%b6%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%80%81%e6%9c%aa%e9%96%8b%e5%b0%81_7_%e4%bb%b6%ef%bc%89%e5%8f%97%e4%bf%a1%ef%bc%88100_%e4%bb%b6%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%80%81%e6%9c%aa%e9%96%8b%e5%b0%81_7_%e4%bb%b6%ef%bc%89

 

良ーく見ると隙間が空いていて、ここからも下が見えています。

実際どのようになっているのかは知りませんが、この薄い板1枚の上に乗っているような感じなので、すごく怖いですね・・・。

スポンサーリンク

②展望台

 

渦の道とは反対に山の方へ上っていくと、展望台があります!

コチラは無料です。

 

離れたところから渦をみることになるので、迫力を感じる事はできませんし、渦が小さいと見えづらいかもしれません・・・。

 

鳴門公園の駐車場に車を停めていく事ができます!!

 

 

③遊覧船

 

渦に一番近づき、迫力を感じられるのは遊覧船です!!

 

見頃時であれば1時間に1、2本の遊覧船が出ています。

会社もいくつかあり、船の種類や予約の有無も違うようなので、事前のリサーチが必要となります。

 

うずしお観潮船

うずしおクルーズ

こちらでチェックしてみて下さい!

 

 

 

渦の見頃は?

 

せっかく見学するのなら、迫力のある渦をみたいですよね!!

時間によっても渦の大きさが違うようなで、事前に時間を確認しておく事をおすすめします♩

 

時間はコチラで確認出来ます!!

 

http://www.naruto-kankou.jp/uzu/calendar/

 

 

 

混雑状況と駐車場

 

私が訪れたのは平日だったせいか駐車場はがらがらでした!

駐車場は第1駐車場、第2駐車場といくつかあるようなので、混雑して停めれないということはないと思われます。

 

渦の道にも人は、それほどいませんでした。

チケットを購入する時も、入場する時も並ぶという事はありませんでした。

施設そのものも、大きなものなので、広々と見学が出来ますよ!!

 

 

まとめ

 

渦潮はそれほど期待していなかったんですが、思いのほか楽しめました。

 

渦の道は、高所恐怖症の方にはキツイかもしれませんが、とても楽しめる見学スポットだと思います!

 

これから行かれる方は、是非行ってみて下さい♩

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

◆ブログの中の人


はじめまして!まちりです。

どんな時もポジティブに☆
後悔のないように自分の道を精一杯生きよう★
明るく楽しく幸せいっぱいの人生を送ろう!
こんなことを目標に日々過ごしてます。

日々の生活の中で
気になったことや、役に立ちそうなことを
みなさんと共有できたら嬉しいです!

記事のリクエストがありましたら
問い合わせフォームよりお待ちしています。