西中誠一郎(ジャーナリスト)の反日や収入がヤバイ!経歴や大学も!

西中誠一郎(フリージャーナリスト)の経歴や大学は?嫁や子供はいるの?

 

こんにちは、まちりです!

 

今日は仕事が忙しくてグッタリ・・・。

 

必然的に帰宅時間が遅くなったんですが、電車が空いていたのはラッキーでした!

 

座れたので爆睡してしまい、危うく乗り過ごしそうになりました。

 

さて、先日、今村復興大臣が記者会見中に激怒したことがニュースで取り上げられて話題となりましたね。

 

かなり声を荒げて、感情的になっていたので驚きました。

 

その記者が誰なのか気になっていたんですが、フリージャーナリスト西中誠一郎氏と判明したのでまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

西中誠一郎氏(フリージャーナリスト)のwiki風プロフィール

 

西中誠一郎(フリージャーナリスト)の経歴や大学は?嫁や子供はいるの?

 

名前:西中誠一郎

 

生年月日:不明

 

高校:東京都立富士高等学校

 

大学:早稲田大学

 

記者会見で今村復興大臣を激怒させて話題となった西中氏。

 

TwitterやFacebookで情報を発信しているようです。

 

その正体がヤバイとネットでは話題となっていて、日本にいながらも、日本を強く恨み、反社会的な活動を行っているらしいのです。

 

TwitterやFacebookの投稿も過激で、政治的に偏ったものが多いとか・・・。

 

一部では、「西中氏はジャーナリストというよりも活動家と行った方が正確」とまで言われているようです。

 

真実を報道するジャーナリストというよりは、偏向報道する活動家といった感じの方のようです。

 

先日の記者会見では、今村大臣が激怒しているにもかかわらず、逆ギレする事なくやり取りをしていたのが印象的だったのですが・・・。

スポンサーリンク

西中誠一郎氏の収入(年収)がヤバイ!

 

西中氏はフリージャーナリストと名乗っていますが、収入をどこから得ているのかが気になります。
一般的にジャーナリストといえば「物書き」ですね。

 

記事やニュースで、自分が取材した情報を雑誌・新聞・テレビなどに売り込んで収入を得ています。

 

なので、普通のジャーナリストであれば、どこから収入を得ているのか、業界の人であればだいたいわかるのです。

 

ですが、西中氏が収入をどこから得ているのかは、いくら調べてもわからないのだとか・・・。

 

合点がいく答えが見つからないので、もしかすると、黒いつながりがあるのでは?とささやかれているようです。

 

西中誠一郎氏の経歴は?

 

西中氏は早稲田大学を卒業していますが、その後の経歴一切不明だそうです。

 

その不透明さから、フリージャーナリストというよりは、フリーターなのでは?とも言われているようです。

 

ジャーナリストは自分で取材したものを世に出す事で収入を得ているので、経歴って少し調べたらわかりそうなものですが、それがわからないんですね・・・。

 

先日の会見で一躍有名になった西中氏。

 

今後はブラックリストに載って、要注意人物としてマークされるのでしょうね。

 

 

西中誠一郎氏の反日がヤバイ!

 

_16__西中誠一郎_-_Twitter検索

 

西中氏のTwitterのアカウントは2つあります。

 

@NISHIDEB

@nishidebu 

 

プロフィール欄には、攻撃的な事が沢山書かれていて、投稿やリツイートも過激なものが多いような気がします。

 

愛国心のおしつけするな!

 

日本の国会議事堂内にも少女像を設置すべき

 

少女像にビビる日本政府

 

今村大臣を激怒させた会見、ニュースでは大臣が激怒したところばかりが報道されていました。

 

ですが、会見を全てを見ると、同じ事を何度も質問し、意図的であったような感じは確かにあるんです。

 

西中氏の振る舞いに対しては、擁護する声もありますが、批判する声もあり、賛否が分かれているようですね。

 

 

西中誠一郎氏の結婚した妻や子供は?

 

西中氏が結婚しているのか、とても気になりました。

 

情報を探したんですが、全く見つかりません・・・。

 

やや過激な方っぽいので、家族の事は伏せているのか、もしくは独身なのかもしれませんね。

 

独身でないと、これだけ自由に活動するのは難しいような気もするので・・・。

 

♦︎関連記事♦︎

会見動画

今村復興大臣は病気で入院してた?妻や子供は?経歴や大学も!

 

まとめ

 

西中氏は今村大臣を激怒させたことで、世間に名が知られる事になりました。

 

この会見での振る舞いは賛否が分かれています。

 

今後、西中氏がどのように活動していくのか注目したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク