脳育法の認知症対策や予防法は?ファイトケミカルの摂取方法も!

%e3%80%8cyasai%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c_-_yahoo_%e6%a4%9c%e7%b4%a2%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%89

出典:http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=yasai&ei=UTF-8&fr=top_lt2_sa#mode%3Ddetail%26index%3D0%26st%3D0

 

おはようございます、まちりです♩

 

今日は午前中はお休みをいただき、午後から出勤という嬉しい1日です。

 

半日でも、自由な時間があるって、結構大きいです!

 

普段できないことをやるのも良いですが、何もせずのんびりするのもいいかなと思い、自宅でゆっくりしています!

 

こうのんびりしていると、午後から出勤したくなくなってしまいます・・・。

 

さて、11月28日の主治医が見つかる診療所で、「脳育法」という聞き慣れない健康法が紹介されます!

 

認知症の予防や若返り効果もあるようなので、番組を見るのを楽しみにしているんですが、待ちきれないので、予習を兼ねて、「脳育法」ついて調べてみました!

スポンサーリンク

脳育法について

 

脳の神経細胞は20歳をすぎると、年とともにどんどん減っていきます。

 

減っていく数は、毎日10万個ともいわれています。

 

神経細胞を繋ぐシナプスは、トレーニングしだいで強化することができるので、脳を強くすることができるのです!

 

この脳を強化する方法が「脳育法」です♩

 

脳は年齢とともに衰えてはいきますが、何歳になっても鍛えていくことが出来るのです!

 

 

 

脳育法による認知症の予防方法は?

 

脳は、少しの努力で一生健康でいられるそうです!

 

脳をいつまでも健康に保つために重要なことはこの2つです。

 

・脳をワクワクさせる

・自分をワクワクさせる

 

これが非常に重要で、脳をワクワクさせる趣味を持っている人は、認知症のリスクが下がるそうなんです。

 

 

趣味によっても認知症のリスクが変わってきます。

 

アート(絵画・彫刻):認知症のリスク73%ダウン

 

社交(旅行・サークル):認知症のリスク55%ダウン

 

パソコン(インターネット検索・ネットショッピング):認知症リスク53%ダウン

 

 

ワクワクする、楽しめる趣味を持つことが大切です★

 

年を重ねてから趣味をみつけるのって大変だと思います!

 

若いうちに夢中になれる、ワクワクするような趣味を見つけておくことが大切なんですね〜。

スポンサーリンク

脳育法による認知症対策は?

 

ストレスがあると、脳の血流が落ち、脳細胞が傷んでいき、それが認知症の原因の1つと考えられています。

 

ストレスは、脳の司令塔である帯状回の働きを低下させ、認知症のリスクを増大させます。

 

つまり、脳の司令塔がしっかりしていれば、多少のストレスがあっても上手く乗り越えてくれるんです!!

 

これは、司令塔を鍛えなければダメですね★

 

そこで注目されているのが、「体幹」を鍛えることです。

 

体幹は体の中心にある姿勢やバランスを保つための筋肉で、脳の司令塔に関わっているので、体幹に関わる運動をして血流を増やしていけば、自然と司令塔が鍛えられていくわけです。

 

 

体幹を鍛える方法はこちらです!

 

・足つぼマッサージで足裏を刺激

 

・ラジオ体操や太極拳、空手、真向法体操を行う

 

足裏マッサージならテレビを見ながらでも、いつでも出来ますよね!

 

運動も体を鍛えるのにはかかせないことなので、積極的に取り入れたいと思います♩

 

 

ファイトケミカルの摂取方法は?

 

ファイトケミカルは野菜や果物が酸化から身を守るために持っている抗酸化物質で、人間の体内では作ることが出来ません。

 

ストレスで血管が弱ると、脳梗塞の原因にもなりますし、脳の血流もわるくなり、認知症のリスクも高まります。

 

ファイトケミカルは傷ついた血管を修復する働きがあるので、積極的に摂取して血管をケアしましょう!

 

 

 

ファイトケミカルを多く含む食べ物は?

 

野菜・・・トマト、ほうれん草、アスパラガス、ナス

果物・・・ブドウ、ブルーベリー、イチゴ、みかん

 

ファイトケミカルは皮や皮と実の間に多く含まれるため、まるごと食べるのが良いそうです。

 

そこで、1番おすすめなのは、野菜スープです!

 

野菜を良く洗って皮ごとスープにすれば、ファイトケミカルを効果的に摂取することが出来ます。

 

スープにすれば手軽にたくさんの野菜が摂取できるし、からだも温まるのでとても良いなと思いました。

 

早速、野菜スープを作ってみます!

 

 

まとめ

 

認知症ははっきりとした原因もわかっていないので、予防法なんてないと思っていましたが、進行を遅らせたり、予防も出来ることがわかりました。

 

認知症は家族にも大きな負担がかかる病気なので、今のうちに、予防対策をしておきたいと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)