親知らず抜歯後の痛みや腫れを抑える方法やピークは?食事や費用も!

「歯」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

 

こんにちは、まちりです♩

 

今日は日中とても暖かく、お休み日和となりました!

 

ちょうど横浜の海の公園で「かき小屋」が開催中だったので、焼き牡蠣や牡蠣飯、アヒージョなどなどをお腹いっぱいに食べてきました♡

 

かき小屋はプレハブですが、雰囲気もあってとても良かったです!

 

毎年開催されているかき小屋ですが、今年は3月31日までです。

 

開催期間終了前に、あと1回は行きたいと思ってます!

 

かき小屋についてはこちらをご覧下さい。

かき小屋

 

さて、私は仕事がら毎日のように親知らずを抜歯している人を見ていますが、手術した後に腫れや痛みがでるのは仕方のない事です。

 

ですが、それを最小限に抑えたいですよね!

 

今回は親知らずの抜歯について、自分の経験も交えてまとめてみました!

スポンサーリンク

親知らずって?

 

「歯」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

 

親知らず親不知(おやしらず)とは、「智歯」「第3大臼歯」、歯科用語では「8番」(前から8番目の歯)とも呼ばれる歯で、10代後半から20代前半に生えてくる歯です。

 

全ての人が4本生えてくるわけではなく、下の2本だけ生えてくる場合もあり、4人に1人くらいの割合で生えてこない人もいると言われています。

 

「大人になってから生えるので、親がこの歯のはえ始めを知る事はない」このような理由から、親知らずという名前が付いたそうです。

 

ちなみに、英語では親知らずのことを「wisdom tooth」といい、「物事の分別がつく年頃になってから生えてくる歯」という意味を持っているそうですよ!

 

私は下の両側に2本の親知らずが生えていましたが、左側は数年前に抜き、右側の親知らずはまだ残っています。

 

右側も抜いた方がいいとは思うのですが、特に症状がないのでそのまま放置してしまってます!

スポンサーリンク

親知らずは抜かなきゃダメなの?

 

「親知らず」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

 

親知らずは必ず抜かなければいけない訳ではありません。

 

上下の親しらずがまっすぐに生えていて、しっかりと噛んでいれば抜く必要はないのです。

 

ですが、日本人は顎が小さいため、親知らずがまっすぐに生えてこずに横向きに生えてきたり傾いて生えてきたりすることが多いです。

 

このような場合は、歯ブラシがやりにくいので、親知らずが虫歯や歯肉炎などのトラブルを起しやすいんです!

 

親知らずがトラブルを抱えている場合は、抜歯をしたほうがいいですね。

 

年齢が上がれば上がるほど、骨と歯が癒着して抜くのが大変になるので、若いうちの抜歯がすすめられていいます!

 

私の職場でも、以前に60代の男性が難しい親知らずを抜いていたんですが、抜くのに2時間くらいかかっていました。

 

2時もかかると、歯を抜かれる患者さんも、歯を抜く先生もお互いに大変なので、はやり若いうちに抜いておくべきだと思いました。

 

 

親知らずを抜いた時の腫れや痛みのピークは?

 

抜歯適応になる親知らずは、歯ぐきや骨に埋まっている事が多いので、歯ぐきを切開したり骨を削ったりする必要があります。

 

歯を抜いたあとは傷を治そうと炎症がおきるので、腫れたり痛みがでたりするのです。

 

この炎症のピークは、術後48時間くらいと言われています。

 

個人差がありますが、親知らずを抜いたあと、腫れのピークは48時間、痛みのピークは抜いた当日です。

 

私も数年前に親知らずを抜きましたが、少し知識があったので、痛みも腫れもほぼ感じる事なく治癒することが出来ました。

 

 

親知らずを抜いた時の腫れや痛みを抑える方法は?

 

①手術前は口の中を清潔にし、体調を整える

 

口の中が不潔な状態だったり、体調が悪かったりすると、腫れや痛みが悪化する可能性があります。

 

寝不足や食事をしない手術を受けたり、歯磨きをしないまま手術を受けることは止めましょう。

 

②痛み止めは術後すぐに飲み始める

 

個人差や麻酔の種類によりますが、麻酔の持続時間は2時間〜5時間くらいです。

 

手術が終わったら、麻酔が効いているうちに痛み止めを飲むようにしましょう!!

 

痛みのピークは抜歯当日です。

 

薬の種類にもよりますが、痛み止めには腫れを抑える効果があるものもあるので、抜歯後3日くらいは痛み止めの効果がきれないように飲む事をおすすめします。

 

痛み止めの持続効果は7・8時間くらいなので、時間を考えて飲みましょう!

 

種類の異なる痛み止めは併用することも可能なので、痛みが心配な方は先生に相談してみて下さいね。

 

痛み止めは効果が出るまでに30分くらいはかかるので、効果がないからといって薬を追加せず30分は様子を見て下さい。

 

ちなみに・・・。

 

私が親知らずを抜いた時は、術後すぐに痛み止めを飲み始めました。

 

手術が終わったのが18時くらいだったのですぐに1錠のみ、その後は寝る前の12時くらいにのみ、その翌日の7時くらいにのむという感じで、7・8時間くらいの間隔でのむようにしました。

 

この薬の飲み方のお陰と、歯を抜いた先生のお陰で、抜歯後に痛みを感じることはほぼありませんでした!

 

③腫れを抑えるには冷やすこと!

 

歯を抜いたところを冷やすと、痛みや腫れを軽減することができます。

 

ただ、注意しなければいけないこともあります。

 

・冷やしすぎると治りが悪くなったり、しこりが出来たりしてしまうので、冷やしすぎない!

 

・冷やすときは冷凍庫の物はNG、冷蔵庫で冷やした物を使う!

 

・冷やすのは当日のみ!

 

仕事がらどうしても腫れるのを避けたい方は先生に相談して下さい!

 

ただし個人差があるので、絶対に腫れないということは難しいと思います。

 

私は歯を抜いた当日は、ずっと冷やしていました。

 

歯を抜いた翌々日の腫れのピークの日は多少は腫れましたが、腫れてると言われなければ分からない程度でした。

 

冷やしすぎは禁物ですが、効果があることは実証済みです♡

 

 

親知らずを抜いた後の食事は?

 

麻酔の効果が持続しているうちは、食事は避けるようにしましょう。

 

麻酔で頬の間隔も麻痺しているので、ザクリと頬や舌をかんでしまう事があります。

 

食事は柔らかくて噛まずに食べれるものが1番!

 

そして、熱いものや刺激のある物は避けるようにして下さい。

 

アメリカではプリンやゼリーのような物が推奨されています。

 

日本だったらお豆腐とかが良いと思います!!

 

また、親知らずを抜いた後の1週間くらいは、抜いた反対側で噛むようにして下さい。

 

そうすることで、歯を抜いた穴に食物が入るのを最小限に防ぐ事が出来ます。

 

ちなみに、私は歯を抜いた日も普段と同じような食事をしてしまってました。

 

 

親知らずを抜く時の費用は?

 

親知らずにも種類があり、完全に萌出しているのか、完全に埋まっているのかによって費用も異なります。

 

・親知らずが完全に萌出しているなら3000円〜5000円くらい

 

・親知らずが埋まっているなら5000円〜10000円くらい

 

このくらいを目安にしていただければと思います。

 

どちらにせよ、1万円も持っていればおつりがくるくらいの費用です。

 

アメリカだと、親知らず1本を抜くのに10万くらいかかるそうです。

 

 

まとめ

 

親知らずの抜歯についてまとめましたが、いかがだったでしょうか?

 

親知らずの生え方にもよりますが、歯ぐきを切ったり骨を削ったりすると、腫れたり痛かったりするのは自然なことです。

 

手術の後は無理をせず、安静に過すようにして下さい!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)