陸王(ドラマ)の最終回やネタバレは?原作との違いやあらすじは?

%e5%b0%8f%e8%aa%ac%e3%80%8c%e9%99%b8%e7%8e%8b%e3%80%8d%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%81%a8%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%e3%80%82%e6%b0%97%e6%8c%81%e3%81%a1%e3%82%88%e3%81%8f%e8%aa%ad%e3%81%bf%e7%b5%82

 

 

こんにちは、まちりです♩

 

最近甘酒にハマっています!

 

私がハマっているのは、酒粕で作る甘酒なんですが、ほんのりアルコールが感じられて、とても美味しいです。

 

しかも、酒粕は美肌、アンチエイジング、ダイエットなど、美容にとっても言いそうです!

 

美味しくて美容にもいいなんて、嬉しいですね★

 

さて、大ヒットドラマ「半沢直樹」の原作者の池井戸潤さんの新作「陸王」がドラマ化される事が決定しました。

 

2017年の元日の「ニューイヤー駅伝」で、早くも撮影が始るそうです。

 

池井戸潤さん原作なので、とても面白い作品になりそうですね。

スポンサーリンク

陸王のあらすじは?

 

 

「陸王」は、埼玉県行田(ぎょうだ)市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一が、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始め、足袋製造で培った技術を生かして、“裸足感覚”を追求したランニングシューズを開発しようとする……企業再生ストーリーです。

 

足袋製造でこれまで培った技術が生かせる「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発。しかし従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりだった…。

新製品を開発するにはあまりに乏しい資金、人材、開発力。

 

さらには世界的に有名なスポーツブランドとの競争など、何度も襲う困難にくじけそうになる宮沢だったが、その度に家族、従業員、取引先、銀行の担当者、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。

 

果たしてランニングシューズの開発は成功するのか。そしてその先に「こはぜ屋」の未来はあるのか…

 

池井戸潤さん原作のドラマ「下町ロケット」も人気を集めていましたが、同じ企業再生ストーリーですね。

 

あらすじを読むと、とても面白いです。

 

まだ原作を読んでいないのですが、ドラマが始るまでには読みたいと思います!

 

 

最終回ネタバレ!

 

このような企業再生ストーリーは、途中いろいろな苦難があるけれど、それを乗り越えて、最後はハッピーエンドというパターンがほとんどだと思います。

 

池井戸潤さんの「下町ロケット」も同じような企業再生ストーリーでしたが、最後はハッピーエンドで終わりました!

 

なので、「陸王」でも、「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一はランニングシューズの開発に成功し、そのシューズが大人気となり、「こはぜ屋」は救われるのだと思います。

 

やっぱりドラマはハッピーエンドじゃないと嫌ですよね・・・。

 

最後は悲劇的に終わる作品って、正直見たくないと思ってしまいます。

 

 

原作とドラマの違いは?

 

ドラマが始るのが2017年10月なので、具体的な内容はまだ公表されていないんです。

 

おそらく、結末やストーリーは、原作もドラマも同じだと思われます。

 

ランニングシューズの開発がキーになっているので、「ニューイヤー駅伝」での撮影もあるようですね。

 

となると、現役の陸上選手がドラマに登場するなんてこともあるかもしれません。

 

何か新しい情報がありましたが、追記していきますね!

スポンサーリンク

世間の反応は?

 

ドラマ化が決まる前から、「ドラマ化してほしい」との声がたくさんあったんですね!

 

原作がかなり面白そう!

 

 

まとめ

 

このドラマは陸上が関わっているので、とても親しみやすい作品になっているのかなと思っています。

 

そして、一生懸命な登場人物が多く、彼らの一言一言に勇気付けられたり、考えさせられる場面がたくさんあるそうなので、そこにも注目したいです★

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)