りたくんを救う会で虚偽した女性は誰?募金の返金やりた君について

おはようございます、まちりです♩

 

もうすっかり冬という感じで、朝が辛くなってきました・・・。

 

起きたら暖房をつけるのが日課になりつつあります。

 

さて、今朝ニュースをみていて驚いたんですが、子供の心臓移植のための募金を呼びかける記者会見の内容が嘘だったそうですね。

 

よくそんな嘘がつけるな・・と思いますが、これまでに集まった募金はどうなるのでしょうか?

 

また、心臓移植がひつようとされていた、りたくんとは実在する方なんでしょうか?

 

調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

 

厚生労働省内で8日にあった、心臓病の児童が心臓移植を受けるための募金への協力を呼びかける記者会見の内容が、虚偽だったことが9日分かった。会見を開いた東京都内の女性(36)が虚偽を認めて謝罪した。会見の内容は、一部の新聞やテレビなどですでに報道されていた。

女性は児童の親族。移植を支援する団体の代表として記者会見を開いた。児童が米国で心臓移植を受けるため、親族で5000万円を集め、あと1億5000万円足りないとして協力を呼びかけていたが、児童が病気ということ自体が作り話だった。

女性によると、注意欠陥多動性障害(ADHD)のため今年5月に働けなくなり、生活に困窮し、うその募金を思いついた。10月に団体のホームページを開設したところ、支援者から記者会見をするようアドバイスを受け、引くに引けなくなったという。

児童の両親には無断で、ホームページに児童の写真や作り話、寄付金の振込先を掲載し、記者会見を開いていた。両親は弁護士と対応を検討している。女性は報道各社や児童の家族に向けた謝罪文を発表し「食べていくにも困っており、父から『死にたい』と言われ、うその募金を思いついた。大変申し訳ない。寄付があれば全額返金する」とした。【山田泰蔵】

 

自分の生活苦の為の虚偽だったのですね。

 

この辺りは社会保障について考えていく必要があると思いますが、虚偽は絶対にいけない事です。

 

本当に心臓移植で募金が必要とされている人へ悪影響を及ぼす事は確実で、世の中には色んな人がいますから、募金が集まりにくくなってしまう可能性などあると思うからです。

 

本当に迷惑な話です・・・。

スポンサーリンク

集まった募金はどうなるの?

 

虚偽を行った女性は、募金があれば全額返金すると発表しています。

 

寄付は振込みで行われると思いますが、寄付する際に名前などわかるように寄付していれば返金されるはずです。

 

しかし、寄付なので匿名の方もいらっしゃいますよね。

 

そういった場合は、返金は難しくなるのではないかと思います。

 

 

りたくんて実在してるの?

 

りたくんは実在しています。

 

虚偽の会見を行った女性の甥っ子でした。

 

可愛い甥っ子を、このようなことに使うなんて…。

 

どうしようもないですね。

 

りたくんは体が弱いわけでも病気でもなく、元気に学校に通っているそうです!!

 

 

虚偽をした女性について

 

虚偽をしたのは、りたくんの実の叔母で、岩本まどかという人物です。

 

注意欠陥多動性障害(ADHD)のため今年5月に働けなくなり、生活に困窮し、うその募金を思いついたそうですが、人の優しさにつけ込んだ最低な行為です。

 

りたくんの両親は今後の対応を弁護士と相談しているそうなので、その結果が注目されますね。

 

♦︎関連記事♦︎

岩本まどかの画像!りたくん救う虚偽会見で自宅やアドレスが流出!

 

 

罪は?

 

過去の事例をみても、詐欺罪に該当すると思われます。

 

りたくんの両親や募金をした人、募金活動に関わった方達がどのような対応をとるのかによるのだと思いますが、しっかりと罪は償ってもらいたいです。

 

まとめ

 

自分の生活苦とはいえ、人の善意を踏みにじるような行為は許せません。

 

世間への戒めのためにも、詐欺罪が適用することを望んでしまいます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)