沢尻エリカの演技が上手くてスゴイ!泣きがドラマ母になるで話題!

ドラマ【母になる】のキャストとあらすじ!高飛車キャラ沢尻エリカの母役に強い違和感!___【dorama9】

 

こんばんは、まちりです♪

 

今日は職場の近くに、出張の八百屋さんが来ていました!

 

お昼にちょこっと覗いて見ると、めちゃくちゃ大きなアボカドが売られていました。

 

しかも新鮮で食べごろ!!

 

私はアボカド好きなので、今日の夕食はアボカドづくしにしようと、5つも購入しちゃいました。

 

夕食が楽しみです♡

 

さて、4月12日スタートのドラマ「母になる」ですが、子供が誘拐されてしまうと言う複雑なストーリーです。

 

主演は演技力に定評のある沢尻エリカさんなんですが、やっぱり沢尻エリカさんの演技力は凄かったです!!

 

特に、ドラマ「母になる」での泣きの演技力はずば抜けてました!

スポンサーリンク

母になるの出演者(キャスト)は?

 

沢尻エリカ(役:柏崎結衣)

ドラマ【母になる】のキャストとあらすじ!高飛車キャラ沢尻エリカの母役に強い違和感!___【dorama9】

 

柏崎結衣:母になる事が当然だと思っていた女性

沢尻エリカ…1986年生まれ。演技力に定評があり、映画「パッチギ!」では井筒監督に「演技が上手過ぎて文句のつけようがない」とまで言われた逸材です。

ドラマ「1リットルの涙」「タイヨウのうた」「ファーストクラス」の主演など、数々のヒットドラマに出演し、人気女優の仲間入りを果たします。

「クローズドノート」の舞台挨拶での「別に」発言は有名ですが、最近は大人になり、バラエティーやドラマで活躍を見せています!!

 

 

小池栄子(役:門倉麻子)

 

ドラマ【母になる】のキャストとあらすじ!高飛車キャラ沢尻エリカの母役に強い違和感!___【dorama9】

 

門倉麻子:どうしても母になりたかった女性

小池栄子…1980年生まれ。旦那さんはプロレスラーの坂田亘さんです!!旦那さんには一目惚れをし、小池栄子さんが猛烈なアプローチをしたんだとか・・・♡

最近はバラエティーのみならずドラマにも出演し、昨年出演した、嵐の大野智さん主演の「世界一難しい恋」での演技は高く評価されていました!!

今回も演技が期待できますね!

 

 

板谷由夏(役:西原莉沙子)

ドラマ【母になる】のキャストとあらすじ!高飛車キャラ沢尻エリカの母役に強い違和感!___【dorama9】

 

西原莉沙子:良い母になれないと悩む女性

板谷由夏…1975年生まれ。元モデルさんなので、スタイル抜群!!

ドラマ出演は「明日があるさ」「相棒」「篤姫」などが有名で、2017年の冬ドラマでは「女の中にいる他人」で親友に復讐する悪女を演じたことが話題となりました。

 

 

藤木直人(役:柏崎陽一)

イントロダクション|母になる|日本テレビ

 

柏崎 陽一:結衣(沢尻エリカ)の夫

藤木直人…1972年生まれ。早稲田大学在学中の1995年、映画 『花より男子』の花沢類役で俳優デビュー。NHK連続テレビ小説『あすか』『ナースのお仕事3』で一気に知名度をあげました!

最近は「オシャレイズム」の司会を努める等、バラエティー番組にも進出しています★

スポンサーリンク

母になるのあらすじは?

 

母になる事が当然だと思っていた女性・結衣。

良い母になれないと悩む女性・莉沙子。

どうしても母になりたかった女性・麻子。

そんな3人の女性が母になる。

3歳の春、愛する息子が誘拐された。

いつもの幼稚園の帰り道。

繋いでいた手を離した、ほんの一瞬。

目を戻すと、そこに息子はいなかった。

そして9年の月日を経て、13歳になった息子が現れる。

空白の9年間を埋められるのだろうか。

一度壊れた家庭をもう一度取り戻せるのだろうか。

息子と母、妻と夫、その間にあるかけがえのない何か。

家族になるとはどういうことなのか?

そして「母になる」とはどんなことなのか?

このドラマは今を生きる3人の女性が『母になる』までの物語。

 

あまり明るい話しではないと思われますが、親子の愛をテーマにした複雑な物語になると思われます。

 

出演者も豪華なメンバーが揃っています。

 

特に主演の沢尻エリカさんは演技に定評があるので、それだけでも見る価値があるかと思います!!

 

 

第一話のあらすじは?

 

2001年春-。両親を亡くし北海道から単身上京した 結衣(沢尻エリカ)は勤め先の書店で大学講師の 柏崎陽一(藤木直人)と出会う。時間をかけながらも二人の距離はゆっくりと縮まっていき、やがて結衣が息子の広「コウ」をお腹に宿したことをきっかけに、二人は結婚する。

陽一の母、 里恵(風吹ジュン)から結衣は温かく迎えられる。陽一の上司である 西原太治教授(浅野和之) も、キャリアウーマンの 莉沙子(板谷由夏)とできちゃった結婚すると宣言。結衣と莉沙子は、母親になる不安を抱えつつ励まし合う。

そして、連続幼児連れ去り事件が世間を騒がしていた2008年の春-。
3歳になった 広(吉武歓)の存在は柏崎家を明るく照らしていた。しかし、いつものように幼稚園へ迎えにいったある日、目を離した一瞬の隙に広は姿を消してしまう-。
時を同じくして、とあるアパートに暮らすOLの 門倉麻子(小池栄子) は、隣の部屋の様子に不審を抱く。ドアを開けてのぞきこんだ麻子はある音を聞いて…。

 

第一話で早くも誘拐犯がわかってしまいました。

 

犯人は、藤木直人演じる柏崎陽一(誘拐された子供の父)の、大学の教え子でした。

 

ですが、なぜ母親が入れ替わってしまったのか、誘拐された後、子供はどうしたのか?などなどわからない事が沢山あり、続きが気になりますね。

 

 

沢尻エリカさんの泣きの演技が上手い!

 

第一話では、息子(柏崎広)が誘拐されてしまい、犯人は自殺するという展開に・・・。

 

息子が誘拐された後の家族の心情は、絶望に満ちたものだと思いますが、その時の沢尻エリカさんの泣きの演技が凄かったです。

 

誘拐されたの母である柏崎結衣(沢尻エリカ)は同窓会に行きますが、その時楽し過ぎて息子のことを忘れてしまっていたそうなんです。

 

同級生たちとの久しぶりの再開が楽しくて盛り上がってしまい、子供がいない人生もありかも、早く子供を生み過ぎてしまったかも・・・。

 

そんな事を思ってしまったんだそうです。

 

自分がそんな事を思ってしまったから、息子が誘拐されて、本当にいなくなってしまったのではないか?

 

そう自分を責めていたんです。

 

これを涙ながらに陽一(藤木直人)に話す結衣(沢尻エリカ)の演技が上手過ぎて、凄かったです。

 

泣くというよりは、号泣と言う感じ!

 

思わずもらい泣きをしちゃいました。

 

さすが沢尻エリカさんですね。

 

これからドラマは更に複雑な感じになっていくと思うので、これからの演技に期待したいです。

 

 

世間の反応は?

 

 

沢尻エリカさん、めちゃくちゃ人気ありますね!!

 

綺麗、可愛い、演技上手い、演技好きなどなど、好評価が多かったです。

 

◆関連記事◆

母になる(ドラマ)の最終回ネタバレと結末!あらすじやキャストも!

ツナサン・ツナツナ3のアプリゲームは実在する?ドラマ母になるで話題

 

 

まとめ

 

沢尻エリカさん、さすがですね!!

 

「母になる」は暗くて怖い感じのドラマになるかと予想していましたが、重いテーマの割にはそこまでくらい感じにはならなそうですね。

 

沢尻さんの演技力、次回からも楽しみです。

 

それ目当てで見るのもいいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)