アンディマレー(テニス)の妻との馴初めや子供は!世界ランキングも!

この記事は2分で読めます

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%b1%aa%e9%82%b8%e3%81%8c%e3%82%b9%e3%82%b4%e3%82%a4%ef%bc%81%e5%8f%8e%e5%85%a5%e3%82%84%e7%be%8e%e4%ba%ba%e5%a6%bb

 

こんばんは、まちりです★

 

今日の夕食はうちの妹手作りのハンバーグでした!

 

見た目は普通のハンバーグなんですが、食べてみるといつもと違って・・・。

 

なんかサクサクするものが入ってると思ったら、レンコンでした!!

 

レンコン入りのハンバーグって食べた事ありませんでしたが、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

今度は自分でも作ってみたいと思いました♩

 

さて、ニュースをみていたら、ATPワールドツアー・ファイナルズで錦織圭選手とアンディマレー選手の速報が流れていました。

 

相手のアンディマレー選手って身長高いし、手足も長いですよね。

 

今回はアンディマレー選手について調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

アンディマレー選手のwiki風プロフィール

 

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%b1%aa%e9%82%b8%e3%81%8c%e3%82%b9%e3%82%b4%e3%82%a4%ef%bc%81%e5%8f%8e%e5%85%a5%e3%82%84%e7%be%8e%e4%ba%ba%e5%a6%bb

 

名前:アンドリュー・バロン・”アンディ”・マリー (Andrew Barron “Andy” Murray,

生年月日:1987年5月15日

出身:スコットランド・ダンブレーン

国籍:イギリス

身長:190cm

体重:84kg

世界ランキング:1位

 

アンディマレーと表記されていたり、アンディマリーと表記されてたりするので、どっちなのかと思っていたんですが、どっちでも良いようです。

 

アンディ本人が「マリー」とも「マレー」とも発音しているそうなんです。

 

両方を使い分けて発音するなんて、凄く自由な感じなんですね!

 

 

アンディマレー選手の奥さんについて

その後交際
アンディマレー選手の奥さんは美人な方でした!

 

結婚したのは2015年の4月で、奥さんのお名前はキム・シアーズさんといいます。

 

Big congratulations to Andy Murray and Kim Sears on the birth of their baby girl!https://t.co/KeS1FiDMCQ pic.twitter.com/8izRIFtehn

— BBC Tennis (@bbctennis) 2016年2月9日

sp;

 

2016年夫にはお子さんが生まれたそうですね!

 

こんな美人な奥さんとは、どこで出会ったのか気になります。

スポンサーリンク

2人の馴初めは?

 

出会いもテニスつながりでした。

 

キムシアーズさんのお父さんは、テニスのコーチを務めています。

 

キムさんが高校生のとき、父についてテニスの大会にいったそうです。

 

そして、そのときにお互いに良いなと思い、交際に発展しました。

 

2009年に一度は破局をした2人ですが、2014年にアンディ・マレー選手がプロポーズをし、2015年に結婚することとなりました。

 

破局したにもかかわらずプロポーズをしたなんて、かなりのチャレンジャーですね!

 

素敵です★

 

 

 

まとめ

 

お二人の馴初めは、高校時代にテニスの大会で出会った事がきっかけでした。

 

アンディマレー選手はお子さんも生まれたばかりなので、子供の為にも頑張ってほしいですね!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

◆ブログの中の人


はじめまして!まちりです。

どんな時もポジティブに☆
後悔のないように自分の道を精一杯生きよう★
明るく楽しく幸せいっぱいの人生を送ろう!
こんなことを目標に日々過ごしてます。

日々の生活の中で
気になったことや、役に立ちそうなことを
みなさんと共有できたら嬉しいです!

記事のリクエストがありましたら
問い合わせフォームよりお待ちしています。