玉ねぎ・じゃがいもの価格高騰2017の理由や原因は?いつまで続く?

こんにちは、まちりです♪

 

仕事で移動中に横浜の赤レンガ倉庫の近くを通ったんですが、ビールのイベントが開催されていました。

 

天気が良くて沢山の人で賑わっていて、とても楽しそうな雰囲気!!

 

正直、仕事してる場合じゃないなーなんて思ってしまいました。

 

 

仕事が休みになったら行ってみたいなと思いました!!

 

さて、じゃがいもの収穫不足でポテチの生産が中止されたりしていますが、じゃがいもの価格自体も高くなっているようですね。

 

そして、値上がりしているのはじゃがいもだけではなく、玉ねぎもなんですね。

 

どちらも食卓には欠かせない野菜なので、価格が高騰している理由や、それがいつまで続くのか気になりますね!

スポンサーリンク

じゃがいも・玉ねぎの価格が高騰!

 

じゃがいもは品薄が続いていて、食品メーカーも一部のポテトチップスの販売を休止するなどしていますよね。

 

有名な「ピザポテト」は販売休止となりましたが、在庫を買い占めた人が、ヤフオクやメルカリなどで、定価の何倍もの価格で販売していることが話題にもなっています。

 

じゃがいもだけでなく、玉ねぎや白菜なども価格が高騰しているようです。

 

農林水産省によると、品薄の状態は来月も続くようです。

 

じゃがいもの価格:平年と比べて2割以上高くなる予想

 

たまねぎの価格:来月後半に出荷を迎える佐賀県で生産量が減少しているため、平年と比べて2割以上高くなると予想

 

白菜:今後、茨城県産が出荷の最盛期を迎えるため、来月後半には平年並みに落ち着く予想

 

 

じゃがいも・玉ねぎの価格高騰の原因や理由は?

 

じゃがいも

2016年夏の台風や長雨の影響で、北海道産の在庫が少ない状況が続いているのが、価格高騰の原因です。

 

玉ねぎ

タマネギは、主力の佐賀県産が、天候不順で苗の育ちが悪かったので、平年を上回る価格で推移するとみられています。

 

白菜

ハクサイは、冬に出荷を前倒した影響が残っていて、高値をつけています。

 

5月後半には、平年並みに戻ると予想されています。

 

 

じゃがいも・玉ねぎの価格高騰はいつまで続く?

 

 

じゃがいも・玉ねぎといえば、どちらも食卓には欠かせない野菜ですが、この価格高騰はいつまでつづくのでしょうか??

 

じゃがいも

じゃがいもの価格高騰は2016年夏の台風や長雨が原因でした。

 

となると、全ては今年収穫するじゃがいもの量次第となってきますね。

 

北海道のじゃがいもの収穫は8月なんですが、天気が良ければ平年通りのじゃがいもが収穫できると予想されています。

 

現時点で、じゃがいもの作付面積は平年とほぼ同じなんだそうです!

 

なので、今後じゃがいもの収穫まで天候が良ければ、じゃがいも不足や価格高騰も落ち着いてくると思われます!!

 

8月の収穫直前に台風がくるとかは、止めて欲しいですね。

 

 

玉ねぎ

 

 

特に、我が家では玉ねぎを良く利用するので、個人的には玉ねぎの価格高騰が一番辛いなと思っています。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)