チケトレの使い方を調査!料金や支払い方法は?口コミや評判も!

チケットトレード_-_チケトレ

 

こんにちは、まちりです♪

 

先日映画を観に行きました!

 

前から行きたいと思い前売り券を購入していたんですが、仕事や友人との予定が合わずに延び延びになっていたんです。

 

それが、先日ようやく行く事が出来たのですが、レディースデイでした・・・。

 

ちょっと損をしてしまいましたが、そのまま前売り券を使用しました!

 

こんなときは、差額を返金してくれたら嬉しいですよね。

 

さて、ネットで話題となっていますが、チケトレというサイトがプレオープンしたようですね。

 

加熱するチケット転売が問題となっていて、定価の20倍も高騰したこともあるとか。

 

それをなんとかしようと立ち上げられたのが、チケトレなんです!

スポンサーリンク

チケトレの安全性は?

 

チケトレは以下の4団体を中心に設立されました。

 

・一般社団法人日本音楽制作者連盟

・一般社団法人日本音楽事業者協会

・一般社団法人コンサートプロモーターズ協会

・コンピュータ・チケッティング協議会

 

そして、サイトを運営するのはぴあ株式会社です。

 

ぴあが利用者間のチケット二次売買を仲介し、更にサービスを利用するには本人確認会員登録必須なので、出品者も購入者も安心して取引ができます!

 

安心して利用出来る仕組み

① チケットはすべて券面額で取引
チケットはすべて券面額で出品されるため、人気の公演や良席のチケットでも価格が高騰する心配はありません。

 

 

② 公的書類による本人確認
購入・出品の取引には必ず本人確認を行うため、安心して利用する事ができます。

 

 

③ チケット代金はチケトレ運営事務局でお預かり
チケット代金は購入者からの入金後、チケトレ運営事務局で預かり、公演終了後にチケトレ運営事務局から振り込まれます。

 

なので、取引においてのトラブルの心配がありません。

 

 

④ 公演に入場できなかった場合に購入者に全額返金

万が一、公演に入場できなかった場合、事由に応じて購入者に全額が返金されます。

 

※事由により、チケトレ運営事務局にて取引をキャンセルし、出品者へのお支払は無効となります。

 

⑤ 購入証明書(バウチャー)の発行で入場時も安心

チケトレで購入したチケットには、購入証明書が発行されます。

 

本人確認が必要な公演でも、バウチャーの提示によりスムーズに入場出来ます。

スポンサーリンク

チケトレの使い方は?

 

出品者

 

①本人確認

チケットの取引の際は、本人確認のため個人情報を登録します。

 

②チケット出品

チケット情報を登録し、出品します。

 

③チケット発送

出品したチケットが落札されたら、出品者が直接落札者へチケットを発送し、発送済みの連絡をします。

 

④代金受け取り

購入者が無事にチケットを受け取り、公演4日後に、運営事務局から出品者へ代金が振り込まれます。

 

購入者

 

①本人確認

取引の際は、本人確認の為に個人情報を登録します。

 

②チケット落札

希望のチケットを購入します。

 

③代金支払い

チケットの代金を支払います。

 

④チケット受け取り

出品者から直接チケットが発送されてくるので、受け取ります。

 

最近はやっているフリマアプリのメルカリに、流れが似ていますね。

 

取引の間に運営事務局が入っているので、安心して利用することができそうです!

 

 

チケトレの利用手数料は?

 

出品者側の手数料

 

■取引手数料

(チケット券面金額の10%、3999円以下の場合は一律400円)

 

■システム手数料

(送金時の手数料として380円)

 

上記手数料に加え、チケット配送費は出品者負担となっています。

 

落札者側の手数料

 

■取引手数料

(チケット券面金額の10%、3999円以下の場合は一律400円)

 

■ システム手数料

(決済時の手数料としてチケット券面金額の3%)

 
 

やむをえずコンサートに参加できなくなった出品者側にも、定価の10%もしくは400円の手数料がかかるという仕組みなんですね。

 

 

5000円のチケットの場合、手数料1:500円(10%)手数料2:380円となり、出品者は、880円の手数料を支払うことになります。

 

これだと、もっと手数料の安いサイトに出品したり、ヤフオクに出品したほうが損がなさそう。

 

 

運営者であるぴあ株式会社は、「今後、手数料の価格変更も視野にいれている」とコメントしているので、期待したいです!

 

代金の支払い方法は?

 

クレジットカード

 

利用可能なカード会社は

 

・VISA

・マスターカード

・ダイナースクラブ

 

支払いは一括のみとなっています。

 

携帯支払い

 

・ドコモ

・ソフトバンク

・au

 

で利用可能となっています。

 

公式サイトを見る限りは、銀行振込やコンビニ支払いはない様子。

 

かなり現代的ですね!!

 

 

口コミ・評判・感想は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チケトレで落札したのが転売業者だったら、また高額転売するだろうから意味のないシステムですね。

 

ですが、これまで余ったチケットをTwitterなどでやり取りしていた人にとっては、安心できるありがたいサービスとなるようです。

 

手数料に関する疑問や不満は結構あがっています。

 

 

予定していたライブに行けなくなってしまったとき、全額返金してもらえたらありがたいですよね。

 

そんな時、チケトレが窓口となって全部買い取って、販売する。

 

万が一売れないときは当日券として販売する。

 

なんていう仕組みがあればいいなと思いました。

 

どんな仕組みが出来たとしても、隙を見つけて悪い事を考える人はいるのでしょうけれど・・・。

 

本格稼働するまでに色々と改善されたらいいですね

 

 

まとめ

 

チケットの高額転売を防ぐ為に設立されたチケトレ。

 

使い方は簡単だし、安心して利用できそうですが、手数料がやや高いと感じました。

 

そして、出品されたチケットを購入したのが転売業者だったとしたら、高額転売という問題は解決されないことになります。

 

この辺りは今後の課題となりそうですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)