浴衣に似合う髪型や簡単ヘアアレンジまとめ!失敗しないポイントは?

「浴衣_」の写真素材が_108件見つかりました。_(2_4)___フリー素材の検索結果___ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

こんばんは、まちりです。

夏真っ盛りの今日このごろ。
花火大会や夏祭りなどで忙しいのではないでしょうか?

夏祭りや花火大会といえば、浴衣を着て、
オシャレをして出かけるのも楽しみの1つ♡

髪型もバッチリきめて、思いっきり楽しんじゃいましょう!!

スポンサーリンク

失敗しないポイントは?

 

①作り込みすぎない

メインは髪型ではなくて、あくまでも浴衣です♡

浴衣よりも目立ってしまう髪型は避けて、
浴衣にあった柔らかい印象の髪型がいいですね!

また、夏祭りや花火大会はものすごい人なので、
人にぶつかって髪型が崩れてしまう可能性も・・・。

あまりにも凝った髪型にしていると、直すことができなくて、
泣きたくなってきます。

 

②トップの高さを出しすぎない

トップの高さを出しすぎるとセクシーですが、
ちょっと水商売っぽい、派手な印象になってしまう可能性があります。

そして、ちょっとトゲトゲしい印象になりがちです。

浴衣と相性がいいのは、柔らかい感じの髪型なので要注意です!

 

③浴衣と髪の色が合っているか

浴衣を選ぶときは、髪や肌の色に合っているかが大切なポイント!

大人っぽく浴衣を着こなすのなら、
髪は落ち着いた色にした方がいいですね。

スポンサーリンク

編み込みヘアアレンジ

 
サイドを編み込みしたあとに、
後ろの髪を三つ編みしてつくる簡単ヘアアレンジです!

浴衣にはもちろん、結婚式でも活用できちゃいます♡

 

やり方

1.横と後ろの髪を分けてから、後ろの髪をクリップで仮止めしたあと、
横の髪を編み込みしていきます。

 
2.左右の髪で編み込みをつくったら、
毛束をうしろに移動させてからゴムで1つにまとめます。

まとめた毛束とえり足の髪を半分にしてから三つ編みをつくり、
毛先をゴムでまとめます。

 
3.先程つくった三つ編みの毛先を内側へ折りたたむようにしてまとめ、
おだんごのかたちに整えます。

整えたら、ヘアピンを左右に挿して固定して下さい。

 
4.仕上げに、編み込みした編み目の髪を少しずつ引き出して
アレンジを加えます。

 
編み目を引き出す際は、
あまり広げ過ぎないほうがいい感じのバランスに♡

 
うしろの髪を引き出して全体のバランスを整えたら完成です!!

 

くるりんぱアレンジ

 

 

やり方

1.トップの髪を分けとり、クリップで仮止めしてから、
横の髪をうしろで1つに結び、くるりんぱ。

くるりんぱした後は、
表面の髪を引き出してアレンジを加えておきましょう!

 
2.トップの髪をブラシで整えてゴムで1つに結び、
えり足の髪を半分にしてから「画像 ③ ④」のようにしてゴムで結びます。
 
「画像 ④」の部分は次でくるりんぱをするので、
キツすぎず、緩すぎずに締めておくのがポイント!!

 
【浴衣に似合う7つの髪型】夏祭りや花火大会で外さない3つのポイント

 

 

 

 

 
3.先ほど留めた髪をくるりんぱし、
毛先を三等分にしてから三つ編みにしていきます。

三つ編みした毛先はゴムでまとめます。

 
4.最後に、三つ編みした毛束を内側へ折りたたみ、
おだんごの形に整えてからUピンで留めます。

トップのバランスを微調整したら完成です♡

 

ギブソンタックアレンジ

 

 

やり方

1.ひとつに結んだ部分を少し緩めて、髪をくるしんぱします。

 
2.ヘアゴムと後頭部の間に隙間を作り、
残った毛先を隙間の中にヘアピンで固定します。

 
3.全ての髪を入れ込んだら完成です♡

 
ヘアスプレーなどでキープすると崩れにくくなります!
とっても上品な髪型になるので浴衣に合いますよ!!

 

かんざしアレンジ

 
かんざしを使うと1本で髪をまとめることができるし、和装にも
合いますよね!

 
1.うしろで髪の毛をひとつになるように集めます。

2.まとめた髪の毛を時計回りにねじり上げて上に持って行きます。

3.ねじり上げた髪の毛の右側からかんざしを左にに向かってななめにさします。

4.ななめにさしたかんざしの先を時計回りに回して、ねじり上げた髪の毛に上から下に向かってさします。

5.トップの髪の毛を少し出してふんわりさせて出来上がり。

 
かんざしは色々な種類があるので、選ぶのも楽しいですね♡

 

まとめ

 
せっかく浴衣を着てオシャレを楽しむなら、
髪型もバッチリときめて行きたいですよね!

アレンジすると普段とは違った印象になるので、自分にあった
アレンジをマスターしておくといいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク